突破口が見えてくるマーケティングオートメーションの事例3つ

 2018.05.01  LeadPlus

マーケティングオートメーションが注目を集めるようになってしばらくたち、国内でも検討したり実際に導入する企業が増えてきました。そして最近では多くの成功事例を見かける反面、同時に運用における難しさも認識されつつあるのではないでしょうか。

どのようなシステムも同じですが、とくにマーケティングオートメーションは導入すればなにかが解決するわけではなく、導入したあとが勝負という性格が強いものです。

そこで今回は、導入後の運用が難しいと言われているマーケティングオートメーションの活用事例をいくつか紹介していきたいと思います。活用のポイントを理解して実践することさえできれば、最大限の効果をもたらしてくれるでしょう。そこで今回は事例を参考にしながら、そのポイントを探ってみたいと思います。これからのマーケティングオートメーション活用のヒントになれば幸いです。

事例1. トラフィックが3倍に増加したイベント会社MacGuffin

MacGuffin(マクガフィン)ではアウトバウンドコールやダイレクトメールなど昔ながらのアウトバンドマーケティングや営業の手法を取っていましたが、年々コストが上がり思うような成果を得られない状態にありました。そこで同社は“変化を起こしたい”と考え、まずはインバウンドマーケティングについて研究を開始させます。

「インバウンドマーケティングこそ自分たちの進む道」と確信を持ったMacGuffinでしたが、コンセプトは理解したものの、それ以前にシステムとしてメールシステムやブログシステムなどが統合されていない点を問題視しました。

そこで必要なシステムを包括的に備えたツールを選択し導入。初めに同社のキーパーソンでワークショップを開き、ペルソナを作成。複数のペルソナに合わせてコンテンツを作成し、ターゲットを絞り込んだマーケティングを展開することでトラフィックは3倍に増加。リード獲得数にいたっては29倍にも増加しています。

この事例から見えること

近年多くの企業が気付き始めているのが「マーケティングオートメーションだけでは足りない」という課題です。マーケティングにおいて最大限効果を発揮させるためには、コンテンツを起点にしたサイトへの流入、コンテンツマネジメントやそのパフォーマンスの可視化、ナーチャリングのためのきめ細かいメール送信、リードを適切にフォローするためのCRMなど、一連の流れを効率的かつ効果的にシステムを連携し、活用しなければなりません。 

実はマーケティングオートメーションはツールによってカバーしている領域が異なり、すべてを実行できるとは限らないのです。 

そこで各フェーズを統合的に提供するマーケティングプラットフォームとして製品を選定したり、実際のプロセスを設計することが重要です。 

また、これを効果的にするためには、ペルソナに合わせてコンテンツを作成するのはやはり必須と言えますね。 

無料インバウンドマーケティング設計テンプレート:バイヤーペルソナテンプレート

MacGuffinについて

BtoBマーケティングお役立ち資料

スペインマドリードに本社を置くイベント会社。IBMやマクドナルドなど世界の大企業のイベント開催を手掛けている。
引用:http://www.hubspot.com/customers/macguffin 

事例2. アウトバウンド型営業がほぼゼロになったWebコンサルティング会社SOLDOUT

MacGuffinと同じように、2009年の創業以来アウトバウンドコールなどのアウトバウンドプッシュ型営業に頼ってきたSOLDOUT。

同社のCMO(マーケティング最高責任者)である長谷川氏は「自社がWebマーケティング支援サービスを提供しているにも関わらず、自社のマーケティングのためにネット広告も行わず、お問い合わせボタンをクリックするとメーラーが立ち上がる、という状態でした。」と当時の様子を語っています。

やはり、増加するコストやなかなか案件化できないという営業側の負担を考慮し、行きついたのがインバウンドマーケティングです。SOLDOUTでもインバウンド型の設計思想で作られている製品に魅力を感じ、導入したのがマーケティングプラットフォームのHubSpot(ハブスポット)でした。 

HubSpotを選んだ決め手は、唯一インバウンドマーケティングを実現できるツールであったこと。そして、当時のSOLDOUTにおけるマーケティング環境がまっさらな状態であったため、統合的にシステムを提供する製品がベストだったとのことです。

導入後まず手を付けたのはランディングページの作成であり、それまでアウトソーシングで作成していたものからHubSpotで作成したものに変更したことで制作費の低減につながっています。 

そしてグロースドリブンデザインのコンセプトをもとに積極的にWebサイトに改善を加えたところ、2014年1月時点でWebサイト経由のリード獲得数3件から2015年8月には152件と約1年半で51倍に増加しています。 

これに伴い従来のアウトバウンド型営業はほぼゼロになり、それまでかかっていたコストも営業の負担も大幅に削減することができたということです。

この事例から見えること

ここでもやはり各システムを備えたマーケティングプラットフォームの重要性が浮かび上がります。マーケティングオートメーションでインバウンドマーケティングを成功させたい場合、統合された製品は欠かせないということですね。

また、マーケティングオートメーションはコンテンツが命です。コンテンツは1回作成して終わりではなく、常に改善を加えていくことでリードにとってより有益なコンテンツを作成していくことができます。 

SOLDOUTが取り入れたグロースドリブンデザインという手法については以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

参考)グロースドリブンデザインとは?ウケるWebサイトの新しいカタチ! 

SOLDOUT

2009年に創立したWebコンサルティング会社。LISKUL(リスクル)などのノウハウ公開ブログを運営している。
引用:http://www.hubspot.jp/customers/jp/soldout

事例3. オーガニック検索による流入数が5倍増加したシステム会社ラクス

2013年のHubSpot導入までSEOやリスティング広告によるリード獲得を行っていたラクスですが、クリック単価の高騰を受けリスティング広告によるROIが徐々に低下していきました。アウトバウンドコールなどのアウトバウンド型営業はほとんど行っていなかったため、新規リード獲得はほぼリスティング広告に頼っていた状態です。

そのリスティング広告が不調となり、検討を始めたのが「広告に頼らないリード獲得方法」とのこと。そこで目を向けたのがやはりインバウンドマーケティングでした。 

ラクスではブログ記事を積極的に公開し、訪問したユーザーへEブックを提供。そこからメールマーケティングを基本としてリードを育成し、案件化可能なリードを営業に渡すことで徐々に新規顧客を獲得していきました。 

この事例から見えること

今後CPL(リード獲得単価)を下げつつ、効率的かつ継続的にリードを獲得していくためには、やはりブログやSEOなどインバウンドマーケティングが中心になってゆくでしょう。そしてその成功のためにマーケティングオートメーションの製品選びがさらに重要になっていくでしょう。 

目的に合い、かつ統合的な製品を選ぶことでより効果的に利用することができるのではないかと思います。

ラクスについて

2000年創業の中小企業向けクラウドサービス会社。メール配信システムや経費清算システムなど多くのサービスをクラウドで提供。
引用:http://www.hubspot.jp/customers/rakus

まとめ

いかがでしょうか?結論から言うと、インバウンドマーケティングを目指すためのマーケティングオートメーションの導入では、そのコンセプトに合う製品選定に始まり、ペルソナに応じたコンテンツやナーチャリングの作成、グロースドリブン的な絶え間ない改善、そしてCRMとの連携などのフォーローアップという統合的なシステムの導入とプロセスの実践が功を奏しているようです。 

そのためには、マーケティングオートメーションというツール単体ではなく、マーケティングプラットフォームという観点を意識してみてください。

また、いずれの事例でもコンテンツの重要性が説かれているので、パーソナライズされたコンテンツを作成し定期的に改善を加えていきましょう。それらのコンテンツのパフォーマンスの可視化による改善も重要なプロセスです。そのような視点でマーケティングオートメーションを見直してみてはいかがでしょうか?

インバウンドマーケティング完全ガイド

クリック率を改善したい方のための失敗しない メルマガの書き方、進め方
バイヤーペルソナテンプレート

RELATED POST関連記事


RECENT POST「マーケティングオートメーション」の最新記事


突破口が見えてくるマーケティングオートメーションの事例3つ
サイト流入/見込み客/売上を伸ばすための25の Webサイト必須項目

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み