6つのWeb集客ツールとは?オンラインマーケティングへの活用

 2016.08.12  LeadPlus

BtoBビジネスかBtoCビジネスかを問わず、現代ビジネスに共通して言えることは「ユーザーの購買行動がオンライン化している」ということですね。マーケターや営業、経営者の皆さんは日々これを実感していることかと思います。

そこで当然オンラインでの集客方法を考えるわけですが、ここでもまた実感することがあります。

それは、「全てのWeb集客を手動で行うのは不可能!」ということです。 

SEOを考慮しつつオウンドメディアを運営してランディングページの効果検証と改善を繰りかえりし、メルマガを配信する。特に人的リソースが限られている中小企業では、ツールなしにこれらのWeb集客を展開することは難しいでしょう。 

ツールを積極的に導入してWeb集客の効果を最大化させたいところですが、中には「Web集客ツールってどんなものがあるの?」とまだ詳しく知らない方も多いと思います。

そこで今回は、数あるWeb集客ツールの概要やメリット、そして価格帯までを紹介していきます。

1. SEOツール

概要

Googleのペンギンアップデート・パンダアップデートにより検索エンジンのアルゴリズムが大幅に改善され、キーワードだけ散りばめたデタラメなコンテンツでは評価されないのが現状です。 

そこで多くリリースされ出したのがSEOツールであり、コンテンツが検索結果上位に表示されるよう評価や修正を行ってくれます。

また、コンテンツごとに検索ランキングの推移をトラッキングしてくれるので、自社ブランドのポジションを把握すこともできますね。

コンテンツマーケティングの重要性が提唱されている現在では欠かせないWeb集客ツールの一つでしょう。 

メリット

  1. キーワード管理を効率化できる
  2. 効率的に検索結果上位に持っていける
  3. コンテンツマーケティングに活かせる

価格帯

SEOツールは主に登録キーワードやサイト数によって価格が変動します。キーワード数で言えば50~150キーワード、サイト数で言えば1~5サイト程度が5,000円/月程度で利用できます。

2. ソーシャルメディアツール

概要

Facebook、Twitter、Google+など現在提供されているソーシャルメディアは多く、Twiterに関して言えば国内のアクティブユーザー3,500万人以上と超ビッグマーケットです。 

近年では企業によるソーシャルメディアアカウントの活用がかなり目立ちますね。特にFecebookとTwitteにはそれぞれ広告配信サービスがあるので、効率的に多くのユーザーへとリーチできます。 

しかし問題になるのがソーシャルメディアによる効果測定です。通常のWeb解析を導入するのも一つの手ですが、専用ツールを導入することでより高度な分析が可能になります。

メリット

  1. ソーシャルメディアマーケティングの効果測定ができる
  2. リーチ数やファンの増減などを逐一管理できる
  3. 複数のソーシャルメディアアカウントを一元的に管理できる 
[RELATED_POSTS]

価格帯

他ツールと比較するとなかなか高価であり、価格帯は5~30万円/月程度と幅広いのが特徴です。

3. メールマーケティングツール

概要

最も安価でありながら絶大な効果を発揮するのがメールマーケティングであり、配信にはツールが欠かせません。

リードジェネレーションのための重要なテクニック30選
バイヤーペルソナテンプレート

リストをセグメントしてニーズに合わせて配信したり、HTMLメール機能などを活用して視覚的に訴求するメールを作成することがでます。 

また、時間指定配信やユーザー名挿入機能などをフル活用することで、メールマーケティングの効果を最大限引き出すことができます。 

メールマーケティング自体はサービス・製品の販促や企業ブランディングにも活用できる施策なので、積極的に実施したいマーケティングの一つです。

またメールマーケティングの主流な方法としてメルマガを発行されている方も多いと思います。ご興味があれば合わせて以下のEブックをご確認ください。

無料Eブック:クリック率を改善したい方のための失敗しないメルマガの書き方、進め方

メリット

  1. 膨大なリストを一元管理できる
  2. セグメント機能で無駄のない配信ができる
  3. 大幅な業務効率化に繋がる

・格帯

価格は配信数やリスト数によって変わり、各ツールの中で最も変動的です。価格帯としては2,000~30,000円が相場となります。 

4. LPOツール

概要

LPOとは「Landing Page Optimization:ランディングページ最適化」のことであり、ランディングページの効果検証や改善のためのツールです。 

ランディングページは「作ったら終わり」で放置している方も多いでしょうが、効果を最大化させるためには継続的な改善がとても重要です。

特に、ユーザーの購買行動やニーズが多様化している現代においては、成果を上げるランディングページを制作する上で欠かせません。

機能としては通常HTMLコーディングなどが必要なページのレイアウトやデザインを簡単に変更したり、またはCTA(Call to Action)ボタンを作成することができます。

ツールによってはA/Bテストが実装されているものもあるので、ランディングページの効果を最大限引き出すためには重要なツールです。 

メリット

  1. ランディングページを継続的に改善できる
  2. レイアウトやデザインの変更が簡単
  3. 差し替えすることで新たなページ制作費を削減 

価格帯

ページ数で価格が区切られているものなら1ページあたり5,000/月~、ページ数無制限なら30,000~50,000円/月程度となります。 

5. Webサイト制作ツール

概要

コンテンツマーケティングの要であるオウンドメディアや情報メディアサイトなど、これらを展開するためには必ずWebサイト制作が必要ですね。 

しかし、制作会社に依頼するのもかなりの費用が発生し、かといって自社にWebデザイナーやエンジニアがいないという企業ではWebサイト制作ツールの導入が効果的です。

基本的にクラウドベースで提供されるため技術的な知識は必要なく、かつお洒落で自由度の高いWebサイト制作が可能となります。

また、ほとんどのサービスで豊富なテンプレートが用意されているのでデザインに悩むこともありません。 

ちなみにWebサイト制作ツールは一般的にCMS(Contents Management System:コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれています。

メリット

  1. 専門知識がなくてもWebサイト制作ができる
  2. 関連リンクなどを全て自動で最適化してくれる
  3. 豊富なテンプレートで自由度が高い

価格帯

クラウドベースならば10,000~50,000円/月程度、パッケージでの導入となると100万円以上の費用がかかるケースがほとんどです。

6. 分析ツール

概要

分析ツールは直接的に集客を行うために使用するものではありません。しかし、Web集客において多変量的に増加していくユーザーデータを適切に分析し、次のマーケティングへと活かすためには欠かせないツールです。

代表的なツールと言えばWeb解析ツールで、Webサイトに訪れる膨大なトラフィックを測定し定量的・定性的な分析を可能にします。 

また、データマイニングツールやOLAP分析ツールなど、専門知識を有する分析を必要最低限の知識で実現するツールもあります。 

近年ではビッグデータの活用や、「データサイエンティスト」という職業の露出によりデータ分析の重要性は益々高まっています。

分析ツールを導入することで様々な角度からマーケティングを分析し、より効果の高い施策を導き出すことができるのです。

メリット

  1. データ分析を行うことで表面上では分からないことが分かる
  2. 専門知識を有さなくてもデータ分析が可能になる
  3. 分析により最適なマーケティングを展開できる

価格帯

Googleアナリティクスなら無料で利用できる上に、Webサイト分析に必要な機能はほぼ備わっています。しかし、導入にある程度スキルが必要です。有料の分析ツールでは10,000~50,000円/月程度で利用できます。 

マーケティングオートメーションなら…

ここまでWeb集客やオンラインマーケティングで利用できるツールの種類を紹介してきましたが、正直これら全てを導入するのは難しいですね。理由はツールを分散して導入することで発生する業務負担とコストです。

一つのツールを使いこなすのにそこまで負担はないにしても、2つ3つとなると負担は増していきます。また、ツールが分散されているとシームレスな利用と連携ができないため、逆に業務効率化を阻んでしまいます。コストに関しては全てのツールを導入するとなると、毎月最低でも20万円以上のランニングコストが発生するでしょう。 

どちらも好ましいことではありませんね。

そこで企業としては「マーケティングオートメーション」という選択肢があります。マーケティングオートメーションとはメールマーケティングツールやWeb解析ツール、LPOツールなどWeb集客を行う上で欠かせないツールを包括した統合プラットフォームです。

Hubspotというツールでは今回紹介したツールを全て包括しているので、シームレスな使用感で確かな業務効率化を得ることができます。また、価格に関しても月々25,000円~と全てのツールを分散して導入するより圧倒的にリーズナブルです。 

「Web集客ツールの必要性は感じているけど業務負担やコストがネック…」といった企業では強い効果を感じることができるでしょう。 

まとめ

いかがでしょうか?Web集客ツールは意外と多く、それだけ現代におけるマーケティングが複雑化していると捉えることもできます。しかし、多様化するユーザーニーズをしっかりと掴むためにはいずれも欠かすことのできないツールです。 

もちろん、必ずしも全てのWeb集客ツールを導入しなければならないわけでなく、自社で展開するマーケティングの目的に応じて適宜導入するのがベストです。

ただもしも複数のWeb集客ツールの必要性を感じたら、マーケティングオートメーションという選択肢があることを忘れないでください。

総合マーケティングプラットフォーム「HubSpot」でマーケティングオートメーションを始めてみませんか?もしご興味があれば以下のEブックをご覧ください。

HubSpotまるわかり完全ガイド

リードジェネレーションのための重要なテクニック30選
バイヤーペルソナテンプレート

RELATED POST関連記事


RECENT POST「マーケティングツール」の最新記事


6つのWeb集客ツールとは?オンラインマーケティングへの活用
サイト流入/見込み客/売上を伸ばすための25の Webサイト必須項目

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み