インバウンドマーケティング

共起語とは?コンテンツマーケティングに必要不可欠な知識

  • 2017.07.16
  • LeadPlus
共起語とは?コンテンツマーケティングに必要不可欠な知識

コンテンツマーケティングを実践するものであれば、共起語は知っておきたいところです。

少し聞き慣れない言葉かもしれませんが、SEO効果が高い記事コンテンツを完成させるためには、共起語についての理解が欠かせません。

今回は、インバウンドマーケティングにおいて記事コンテンツやブログの作成を行うコンテンツライターの方に向けて、共起語とはどういったものなのかについて解説していきます。

共起語の意味とは?

共起語とは、あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードのことです。

例えば、「学校」というキーワードが出現したとします。その後に続く共起語としてどのようなものをイメージしますか?

回答として、教育、規定、規則、先生、生徒、文部科学省などが挙げられるでしょう。

「築地 ランチ」と言うキーワードではどうでしょうか?市場、寿司屋、ランキング、海鮮丼、日曜日などが挙げられるでしょう。

回答から考察すれば分かるように、利用頻度に違いはあるものの、一緒に利用されるキーワードばかりです。そのため「特定のキーワードが出た時に、周囲にあるキーワードが出やすい状況」を共起と呼び、その場に現れるキーワードのことを共起語と言います。

Google検索エンジンのクローラーの問題点?

マーケティング担当者ならGoogleのクローラーがWebサイト上を巡回することで、ページ内の情報を読み取り、検索エンジン上に反映させていることをご存知だと思います。

Googleが開発したクローラーは、あくまでも検索エンジン上を動き回る情報収集プログラムなので、ロボットとして決められた動きしかしてくれません。

つまり、人間ではないため、文章の深い意味や人間的な深い感情を読み取りながら情報収集をするわけではないので、文章の書き方によっては内容を正しく理解できない場合があるということです。(最近はGoogleも賢くなり人間のように理解できるように日々エンジンを進化させています)

キーワード単体の評価から共起語を利用した評価に変わった

昔の検索エンジンは、キーワードの利用回数からどのようなコンテンツが掲載されているのかということを把握していました。

しかし、SEOの上位表示目的で文脈関係なくキーワードばかりが詰め込まれたサイトが上位表示するようになってしまい、検索エンジン上で大きな問題となってしまいました。

ユーザーが求めている記事ではなく、キーワードが大量に詰め込まれているだけの記事が上位表示されてもユーザビリティは悪いだけですよね。

すぐにこの問題を改善するために、Googleがアップデートを行い、ページ内の内容や意味を理解しながら情報収集するプログラムを開発したのです。

つまり、共起語を利用することで、クローラーはページ内の情報を上手く読み取っているということです。逆に言うと共起語がページ内に存在していないとランキングの対象外になる可能性が高いことを意味します。

共起語の見つけ方、使い方

共起語を記事コンテンツに上手く取り入れることができれば、クローラーに対して、何が書かれている記事なのかをアピールすることになります。

検索ランキングで上位に表示される記事は、しっかりと共起語を盛り込んでいます。自然と共起語を含んだ文章をかければそれに越したことはありません。しかし、なかなかそれも難しいと言う現状があるでしょう。

そこで共起語を調べる必要が出てくるわけです。

みなさんが共起語に見つけ方をご存知ですか?

この共起語を見つけるためのツールは世の中に沢山存在します。その多くは、特定のキーワードに対して、上位表示されるページ記事を分析してどのような共起語を使ってくれるのかを知らせてくれルものです。例えば有償ですが「MIERUCA(ミエルカ)」などが有名です。無料でもググれば沢山ありますよね。

しかし、そのようなツールがなくても共起語を調べる方法があります。共起語を見つけるうえで、最も有効な方法は、検索エンジンにキーワードを入れて調べるということです。

すると、ユーザーが解決したいことが共起語として見えてきます。「パソコン 修理 費用」と検索したとしましょう。すると、「価格 料金 値段」というキーワードが色々なタイトルにたくさん使われていると思いませんか?もちろんタイトルだけではなく本文なども調べてみることをお勧めします。

これが、パソコン 修理 費用に関連する共起語になります。

つまり、パソコンの修理で費用と検索する人は、価格や料金、値段というキーワードを利用しながら、自分が求めているページを検索しているということです。

詳しい修理料金について知りたいと考えるユーザーの要求を満たし、解決に導くことができれば、直帰率や離脱率を大幅に改善できますよね。

共起語の使用事例

共起語を正しく使うことができなければ、上手く文章を形成していくことはできないでしょう。なぜそのようなことが言えるかというと、下記の例文を比較してみてください。比較対象となる文章は、コンピュータ 修理というキーワードで上位表示を狙っています。

例文①
コンピュータを修理するためには、修理屋さんに電話をかけなければいけない。壊れたコンピュータの修理について相談するためだ。修理屋さんに相談すれば、コンピュータが動かなくなった理由が分かり修理してくれるはずだ。

例文②
コンピュータが壊れてしまった原因を知るためには、パソコンの修理屋さんに電話をかけて相談しなければいけない。なぜなら、コンピュータが壊れてしまった原因を診断してもらい、問題のあるパーツを交換してもらわなければいけないからだ。一応、デスクトップのモニターやキーボードの接続部分、外付けのハードディスクなど、気になる点について事前に修理屋さんに相談しておけば、コンピュータが動かなくなってしまった理由を見つけだしやすいだろう。

共起語を知らずに文章を書くと例文①のようになりがちです。

一見すると「コンピュータ 修理」というキーワードをしっかりと押さえることができているため良いようにも思えます。

しかし、検索エンジンのクローラーは、周辺のキーワードとの関連性も含めてページを評価しているため、残念ながら高い評価を得ることができないでしょう。Googleは、このページはちゃんと共起語を使っているかを見ているわけです。正確に言うと共起語を確認しながら何が書かれているのかを判断しています。

例文②を見ていただければ分かるように「モニターやデスクトップ、キーボード、ハードディスク、パソコン」など、コンピュータと関連のあるキーワードがたくさん掲載されています。

このように、「コンピュータ 修理」と関連性の高い共起語が周辺に多用されていると、ユーザーにとって読みやすく、ページ内に共起語があるだけでランキングの対象になるためSEO的にも効果が期待できるということなのです。

共起語を利用するメリット

上記でも説明した通り、共起語を意識してコンテンツ作成ができるようになると高いSEO効果が期待できます。本来であればSEOを意識して記事を執筆すると言うのはおかしい話ではありますが。この共起語を意識するとSEO以外にもコンテンツの質が向上すると言うメリットがあります。

コンテンツの質の向上が期待できる

一般的に共起語を意識して作成されたコンテンツは、非常に読みやすくなります。ユーザーが求めているキーワードで文章コンテンツが作成されているため、読み手として掲載されている内容について頭でイメージがしやすく、最後までリズムよく読み通すことができます。

主軸となるキーワードだけを意識して文章を書くだけなら、だいたい想像で文章コンテンツを作成できるためリサーチも必要ないでしょう。しかし、共起語を意識するためには、周辺キーワードや頻出しているキーワードについて調査する必要があるため、作りあげられる記事も精度が高くユーザーにとって参考になる可能性がグッと高くなります。

そのように考えると、Googleの検索エンジンが共起語によるキーワードとの関連性をSEOによる評価の指標の1つにしていることに納得がいきますし、ユーザーメリットを考えてのことなのだと理解できるわけです。

共起語は、自分で調べて見つけて行こう!

共起語は、無料のツールで調べられますし、検索エンジンを利用してキーワード検索をすれば見つかります。

まずは検索結果から共起語のルールを見つけて、どのようなキーワードが頻出しているか調査してください。それができたら、上位のサイトからページにアクセスし、どのようなキーワードが頻出しているかページを上から下まで全て確認します。

検索で上位表示しているサイトほど、意識的に使っている共起語がありますので、ぜひ参考にしてください。そして自身の記事に共起語を含めるようにしましょう。

新規CTA

インバウンドマーケティング完全ガイド