コンテンツマーケティングが失敗する10の理由

 2016.11.30  LeadPlus

コンテンツマーケティングを成功に導くためには、コンテンツマーケティング独特の正しい運用を行う必要があります。しかし、その正しい運用方法は多くの企業や組織でさまざまであることも事実です。

今回はコンテンツマーケティングを成功に導くために、まずはよくある失敗する事例をご紹介いたします。ご紹介するコンテンツマーケティング失敗例から、何をしてはいけないのかをご理解いただければ幸いです。

コンテンツマーケティングを成功に導くために知っておきたい失敗とは?

アイディア先行で運用を始めてしまった

企業ブログなどでは時期によってトレンドキーワードが異なり、それに乗っかるようにコンテンツマーケティングを展開することも少なくないと思います。

トレンドに乗るというのは大切なことですが、あまりにアイディア先行ですと“一貫性”が失われてしまう可能性があり危険です。 ユーザーは基本的に一貫性のあるWebサイトに信頼性を感じるという傾向にあります。

まずは自社のコンテンツが「誰のためのもの」で「何をゴールにするのか」をしっかりと考える必要があるでしょう。

トレンドを追うにしてもアイディア先行ではなく、ターゲットユーザーのためになる一貫性のあるコンテンツを作成する必要があります。

そのためにはペルソナをしっかり作成することをお勧めいたします。ペルソナの作成方法に関してはペルソナの作り方とその実例を参考にしてください。

ファン化までのプロセスが考えられていない

ユーザーが企業ブログやブランド自体のファンになるプロセスというのは一直線ではありません。つまり1度や2度訪問したくらいで、ファン化することはなかなか難しいものです。

通常なら初めて自社コンテンツに遭遇してから数回の寄り道があり、そこで初めてファンになってくれます。このプロセスがしっかりと考え込まれていないコンテンツマーケティングは失敗する可能性が高いのです。

ファン化までのプロセスを熟考すればユーザーの行動が見え、上手く導線設計していくことができます。いわゆるカスタマージャーニーを作成する必要があるということです。「カスタマージャーニーとは?プロが教えるマップの基本と作り方」ではカスタマージャーニーの作り方などをご紹介していますので参考になさってください。

運用側の思い込みが強い

コンテンツマーケティングを初めて運用する企業に特に多いのが、過度の期待による強い思いこみです。 

ユーザーコンテンツ閲覧お気に入り追加他のコンテンツも閲覧信頼が生まれる興味を持つ資料ダウンロードクリック個人情報入力リード獲得

上記のように、質の高いコンテンツさえ配信できれば最短距離で効果が出ると考えてしまっているのです。確かにそのとおりなのですが、ほとんどのユーザーが一度訪問して二度と戻ってこないという現状があります。

Webサイトの導線設計がおざなりなっていると、結果的に効果の出ないコンテンツマーケティングを展開してしまうのです。

BtoBマーケティングお役立ち資料

無料Eブック:リードジェネレーションのための重要なテクニック30選

ターゲットが広範囲で効果が出づらい

より多くのユーザーが自社サイトに訪問しコンテンツを見てほしいという気持ちは分かりますが、ターゲットを広く取ることは得策ではありません。一般的にターゲットを広くするとコンテンツは浅くなりがちです。その場合、ユーザーは訪問してくれるかもしれませんが、どこにでもあるような情報になりがちなためユーザーの興味を維持し続けることは難しくなります。

コンテンツは、ターゲットを十分に絞ることで短期的に効果を出すことができます。

ペルソナを上手に活用し、特定のユーザーに絞ったコンテンツマーケティングを展開していきましょう。

継続的なコンテンツ配信ができていない

コンテンツというものは基本的に生モノと同じです。数年経っても多くのユーザーに愛されるベーシックなコンテンツもありますが、ほとんどのものは数週間経過すれば情報も古くなりがちです。

企業が製品やサービスを拡充し進化を続けているようにコンテンツも進化し続ける必要があります。

古くなったコンテンツは改変し、新しい変化に対しては新たなコンテンツを提供することを心がけましょう。

長期的目線で運用できていない

例えば企業ブログならば十分な効果が出てくるまで最低でも数ヶ月かかります。半年かかるケースも少なくないでしょう。 

そもそもコンテンツマーケティングとは品質の高いコンテンツを増やしていくことで徐々にユーザーとの関係性を築き、じわじわとファン化させ自社の利益を上げていくためのものです。

従って長期的な目線で運用ができなければ、早々に諦めてしまい、コンテンツマーケティングが失敗したという“認識で”終わってしまいます。

コンテンツ一つ一つのコンセプトがない

質の高いコンテンツを作成することはもちろんのこと、一つ一つにコンセプトを持つことも非常に重要です。 

例えば資料ダウンロードのための導線として用いるコンテンツや、純粋にユーザーにとって有益な情報を提供するためのコンテンツなど、一つ一つにコンセプトを持つことで役割を与え、効果的なコンテンツマーケティングを展開することができます。

ユーザーがせっかく訪問してくれたのですから、何か役にたったと感じてもらえるようにしましょう。

運用体制が整えられていない

質の高いコンテンツを継続的に、そして長期的に配信していくというのは簡単なことではありません。

そこで最も重要になるのが運用体制なのですが、これが不十分なことで失敗するケースが少なくないのです。 

無理に運用チームを作る必要はなく、重要なのはしっかりとマーケティング業務に組み込み、継続性を持たせることです。

多くの企業ではコンテンツマーケティングを取り込むのに躊躇しがちです。その理由のほとんどは未経験であることに起因しています。最初はアウトソーシングで運用体制を整えるのも選択肢の一つでしょう。コストはかかりますが本来業務と兼任して誰かが運用するよりも、トータル的な効果は高くなります。

最初から完璧を求め過ぎた

完璧を追求するのは悪いことではないのですが、最初から完璧を求め過ぎるとコンテンツマーケティング展開までに多くの時間を割いてしまいます。

となると時間・手間・コストをかけて準備したのに期待した効果を得られなかったと"失敗感が強くなってしまうのです。 

前述したようにコンテンツマーケティングとは長期的な運用で利益を上げていくためのマーケティング手法です。

つまり完璧を求め過ぎるせいで失敗でなくとも失敗に感じてしまい、その後の運用に大きな影響を与えてしまうことが少なくありません。

長期的運用が必要と理解していれば、最初から完璧を求めるのではなく、徐々に改善していくことの重要さに気が付くはずです。

むしろ運用しつつ効果を高めていくという姿勢の方が、結果的に短期で効果を発揮しやすくなります。

ユーザーの視点に立てず企業本位になっている

コンテンツマーケティングはあくまで"ユーザーにとって有益な情報を配信し、関係性を築いた上で利益を出していくものです。

しかし、途中から企業本位(プロダクトアウト)な考え方になってしまい、ユーザー視点に立てなくなっていることが珍しくないのです。 

特にユーザーの気持ちを無視してしまって宣伝用コンテンツを多く配信してしまうと、コンテンツマーケティングがただの企業宣伝になってしまうので、ユーザーがどんどんと離れて行ってしまいます。

基本的にユーザーというのは宣伝や広告といったものを嫌う傾向にあるということをちゃんと理解した上で、改めてユーザー視点に立ったコンテンツ作成を目指しましょう。

まとめ

いかがでしょうか?コンテンツマーケティングが失敗するケースというのは意外と多いもので、ほとんどの企業が今回紹介したケースで失敗しています。

逆を言えばこれら失敗ケースに対する対策を立てることで、成功に近付きしっかりと効果を上げていけるということです。 

既にコンテンツマーケティングを展開し、数ヵ月経過してもなかなか効果が上がらないという企業は、今回紹介した失敗例を照らし合わせてみてください。

そしてこれからコンテンツマーケティングを展開するという企業では、予め対策を取ることで最短距離の効果を上げていただければと思います。

ビジネスブログ構築サービス

リードジェネレーションのための重要なテクニック30選
バイヤーペルソナテンプレート

RELATED POST関連記事


RECENT POST「コンテンツマーケティング」の最新記事


コンテンツマーケティングが失敗する10の理由
サイト流入/見込み客/売上を伸ばすための25の Webサイト必須項目

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み