WordPressからHubSpot COSへの移行

 2016.08.18  LeadPlus

 

ブログシステムというと有名なCMSの1つである「WordPress」があります。「知ってますよ」「利用してます」という方も多いと思います。 

WordPressはプラグインも豊富で、カスタマイズに優れており、柔軟なウェブプラットフォームを構築できますよね。かつWYSIWYGエディタを使って直感的にブログ記事を書けるので、あまりHTMLを知らないマーケターの方がいても安心して使える優れたプラットフォームです。

今回はWordPressからHubSpot COSへの移行の方法に関してご紹介します。

HubSpotへ切り替える理由

HubSpotの機能の1つにHubSpot COSがあります。このHubSpot COSは、HubSpotサービスの中で提供されるCMS機能で、HubSpot社が準備したクラウドサービスです。

WordPress同様な扱いやすい操作感を保ちながら、当然ながらHubSpotのマーケティングプラットフォームとの親和性が良いです。

以下はHubSpot COSを利用する代表的なメリットです。

  • ウェブサーバを準備しなくていい
  • Webサイト、ブログ、メール、CTAなど包括的に管理できる
  • SEO機能が充実している
  • インバウンドマーケティングに必要な分析機能が充実している
  • パーソナライズしたマーケティングを実現できる
  • 24時間365日セキュリティチームによる監視で堅牢なセキュリティを追加料金なしで利用できる。このため自社でwebサーバのアップデートなど管理を行う必要がない

関連記事:HubSpot のコンテンツ最適化システムHubSpot COSとは?

WordPressからHubSpotへの移行

それでは実際にWordPressからHubSpot COSヘ移行する方法に関してご紹介しましょう。

WordPressで運用されているサイトはすでに大量の記事があると思います。これを別のプラットフォームへ移行するなんて気が遠くなりますよね。

でもHubSpotにはWordPressの記事をインポートする機能が標準で備えられています。

WordPress側も標準機能として備えているエクスポートをして、HubSpot側はそのデータをインポートするだけです。とても簡単なんです。実際にその流れを見ていきましょう。 

1. WordPressで記事をエクスポート

まず、WordPressからコンテンツをエクスポートします。

管理者でログインして、左サイドメニュー「ツール」から「エクスポート」を選択します。

WordPressエクスポートメニュー

数多く記事がある場合は、カテゴリ別などにエクスポートされることをお勧めします。小分けにしてエクスポートすることで、移行作業時の何らかの不具合があったとしても切り分けがしやすいです。下の例ではカテゴリを「技術情報」の投稿記事で公開済みのものをエクスポートしています。

WordPoressエクスポート画面 

「エクスポートファイルをダウンロード」を実行すると、xmlファイルとして記事データが保存されます。

エクスポートされたXMLファイル 

2. HubSpotWordPressのデータをインポート

HubSpotのメインナビジェーション「コンテンツ」から「コンテンツ設定」を選びます。

HubSpot コンテンツ設定

左サイドメニューにある「ブログインポートツール」をクリックします。

HubSpotのご紹介
リードプラスが提供するサービスのご紹介

hubspot-import-2.png

ブログインポートマネージャが表示されます。右カラムに「Step1」から「Step3」までのフローがあり、メニューとなっています。この流れに沿って進めていきます。

 HubSpot ブログインポートツール画面

無料Eブック:SEOの間違い10選 Webサイトリニューアル時に絶対おさえたい10のポイント

Step 1 インポートファイルを選択する

先ほどWordPressからエクスポートしたXMLファイルをアップロードし、インポートファイルとして指定します。

Select Import File」をクリックすると、HubSpot上のファイルマネージャが開きます。

HubSpot ブログインポートツール ファイルマネージャ 

ここへ先ほどのXMLファイルをアップロードします。「ファイルをアップロード」ボタンからファイルを選択してアップロードするか、ファイルを画面へドラッグアンドドロップしてアップロードします。

HubSpot XMLファイルを選択

アップロードしたXMLファイルを選択し、「ドキュメントを使用」をクリックします。

HubSpot 利用するXMLファイルを選択 

Step 2 ブログサイトを選択する

複数ブログを管理している場合、どのブログへ記事をインポートするか選択します

hubspot-import-s2.png

サンプルの画面ではHubSpotのトライアルを利用していますので、デフォルトで準備されているブログを選択しています。

Step 3 インポートを開始する

ボタンをクリックしてインポートを開始します。

HubSpot スタートインポート

インポートが終わるとインポートされたコンテンツの一覧が表示されます。

HubSpotインポートされた記事一覧

リストの右にあるチェックボックスをON/OFFすることによって、インポートするコンテンツを選択することも可能です。ここでは例として1つの記事だけ選択してインポートしていきましょう。

画面右サイドメニューでインポートオプションを選択できます。記事のステータスを「Draft」としてインポートすることが可能です。またブログに設定されたタグやカテゴリをHubSpotで管理するブログサイトのトピックとしてインポートすることが可能です。

ここは1つ注意点ですが、WordPressで言うところのカテゴリで入れ子関係を作成している場合、HubSpotのトピックでは同様のことができません。トピックはどちらかというとWordPressのタグに近いもので、複数のトピック設定が可能です。

記事の設計によりますが、カテゴリの入れ子をそのまま移行することはできませんので、ここは再設計をする必要があります。弊社では移行を機にトピックを再整理して入れ子関係のカテゴリを作らないことにしました。

オプションの設定をしたら最後に「Import Posts」をクリックして実際にコンテンツをHubSpotのブログページに変換します。

HubSpot インポート中メッセージ

 

ブログインポートマネージャへ戻ると進捗状況がわかります。

HubSpot インポート中 ステータス確認 

完了するとステータスが変わります。

HubSpot ブログ記事 インポート完了

メニューからブログ管理画面を開くと

ブログダッシュボード 

コンテンツが読み込まれているのがわかります。

ページを表示させてみましょう。

HubSpot インポートされたブログ画面

簡単に記事を移行することができますね。 

注意点:記事の調整、追加設定をする

簡単に移行ができましたが、いくつか調整や設定などに関して注意があります。

以下の項目は追加で作業しなくてはいけないのでご注意ください。

  • WordPressの記事で設定しているアイキャッチ(Featured image)はインポートすることができないので再設定が必要
  • 記事中に画像やテーブルなどを使っている場合レイアウトが崩れる場合があるので調整が必要
  • WordPressのタグはHubSpot のトピックに吸収されるため注意が必要

まとめ

いかがでしたでしょうか?

移行は簡単にできますが、いくつか追加作業があるのでご注意ください。またリードプラスでは念のため記事を一つ一つ確認することをお勧めいたします。

HubSpot COSを利用することでインバウンドマーケティングを実践しやすくなるので、HubSpotユーザーはHubSpot COSへの移行の検討をしてみてはいかがでしょうか。

HubSpotまるわかり完全ガイド

RECENT POST「HubSpot」の最新記事


WordPressからHubSpot COSへの移行
サイト流入/見込み客/売上を伸ばすための25の Webサイト必須項目

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み