動画・映像制作会社の選び方、おすすめのサービス10社を徹底比較!

 2020.12.07  LeadPlus

近年、企業オフィシャルサイトなど様々なところで、製品のプロモーション動画やイメージ映像を使用することが多くなっています。テレビCMより低予算で制作できますが、自社でクオリティの高い動画や映像を制作したり、その道に通じる人材を確保したりするのは困難です。そこで役立つのが、「動画・映像制作サービス」です。当記事では、動画・映像制作会社を選ぶポイントや、動画制作で実績のあるおすすめ会社をご紹介します。

video-for-content-strategy

動画・映像制作サービスとは

「動画・映像制作サービス」とは、企業イメージや会社の製品・サービスを、よりわかりやすく魅力的にPRするための動画・映像コンテンツを制作するものです。コンテンツ制作の内容は、主に製品・サービスの紹介動画、企業のブランディング動画、新人教育のマニュアル動画、人材採用のための企業紹介動画などがあります。

動画・映像制作サービスを利用することで、動画制作のノウハウがなくても、クオリティの高い動画を制作できます。誰のがわかりやすいように企業イメージを広く伝えることも可能です。また、PRやデモンストレーション、商談など利用シーンに合わせて、動画や映像のコンテンツ制作を依頼できるのもポイントです。

動画制作会社の選定ポイント

では、動画・映像制作会社を選ぶ際には、どのような点をチェックすればよいのでしょうか。数ある動画・映像制作会社を比較する際のポイントをご紹介します。


実績がある企業か

まず、動画・映像制作の実績が豊富であることが望ましいです。目安は5年以上の経験があり、自社でカメラマン・クリエイター担当者・脚本家を抱えていれば、一定のクオリティを期待できるでしょう。過去にヒット作がある、または大手企業のPR映像を制作した実績があるなら、コンテンツの水準にもある程度満足できるはずです。

各社Webサイトにて動画制作の実績を公開していることが多いので、過去の制作コンテンツをチェックしてみましょう。映像クオリティのレベルを簡単に確認できます。


提案書・見積書の確認

動画・映像制作会社の良し悪しには、提案力があるかどうかも大きく関わります。動画・映像制作のプロなので、予算に合わせて依頼者のイメージに近いコンテンツは作れます。しかし、動画制作の最終的な目的は、クオリティの高いコンテンツを作ることではなく、あくまで商品購入やサービスの利用、集客などビジネスにつなげることです。

動画マーケティングに理解がなく、提案力が弱い会社では、ただ言われた通りに制作するだけで、思い描いたイメージや結果につながらないこともあります。自社で用意した企画案があれば、制作会社の意見を聞き、必要に応じて他の案を出してもらうとよいでしょう。すでに映像イメージがある場合は、複数の制作会社に見積書を出してもらいます。制作にどのくらいの費用がかかるのか相場がわかり、各社の費用対効果を把握できます。


得意な動画ジャンル

制作会社によって得意なジャンルは異なります。実写やアニメーション、CG、YouTube広告に強かったり、海外ロケ動画や特殊CG、VRを得意としていたりとさまざまです。自社が求める動画イメージを制作できるかどうかは、Webサイトで公開されている動画・映像サンプルや、過去の制作コンテンツを参考にして判断できます。複数の会社を比較し、イメージに合う動画・映像コンテンツを作る会社を選ぶとよいでしょう。


サポート内容の充実

動画制作をどこまでサポートしてくれるのか確認することも大切です。動画制作は企画、キャスティング、ロケ地や小道具の手配、撮影、映像編集、音楽やナレーション制作・編集、納品と多くの工程があります。制作を進めると必然的に修正が出るため、何回まで修正できるのかが大変重要です。

発注費用が安い制作会社の場合、修正は別料金となり、何回も修正した結果、費用が割高になったというケースもあります。そうならないためにも、発注時に修正回数などのサポート内容を必ず確認しておきましょう。さらに動画制作後、コンテンツをどのように利用すると効果的かなどのアフターフォローまで含め、責任を持って全面的にサポートしてくれるかどうかも大切なポイントです。

リードジェネレーションのための重要なテクニック30選
バイヤーペルソナテンプレート

おすすめの動画・映像制作会社10選

ここからは、数ある動画・映像制作会社の中から、特に実績が豊富なおすすめの会社をご紹介します。それぞれ特長や得意ジャンルが異なるので、動画・映像制作会社選びの参考にしてください。


1. 株式会社ヒューマンセントリックス

「株式会社ヒューマンセントリックス」は、法人向けのBtoBに特化した動画・映像制作会社です。これまで1,500社に30,000タイトル以上の動画制作を提供してきた実績があります。月間の制作本数も200本と、順調な業績を維持しています。企画から撮影・編集まで外注を使わず、ワンストップで制作するため、徹底した品質管理が可能です。

セミナーや展示会など、さまざまな利用シーンに応じて最適な動画制作テクニックを用い、ビジネスの課題を解決します。撮影・編集だけでなく、イラストやアニメーション、CGなどの動画制作も可能です。料金体系はシンプルで、18万~30万円、50万~100万円、120万~350万円の3つのプランから選べます。
(参照元:https://www.humancentrix.com/


2. 株式会社LOCUS

「株式会社LOCUS」は、動画制作はもちろん、動画を使った総合コンサルティングまで対応する制作会社です。これまで1,600社に15,000本以上の動画制作を提供してきた実績があります。あらゆるニーズに多彩なアイデアで応えるため、700名以上ものクリエイターを抱えている点も特長です。

VRやドローン撮影など、最新の撮影技術にも対応できます。制作した動画の広告運用やYouTubeチャンネル運用など、活用の提案・効果検証まで行い、課題解決のサポートが可能です。高品質・適正価格がモットーで、料金は30万円~です。
(参照元:https://www.locus-inc.co.jp/)


3. Crevo株式会社

「Crevo株式会社」には、業界No.1の実績をもつアニメーション制作や、実写動画など豊富なコンテンツに対応した制作会社です。大手からスタートアップ企業まで、会社の規模を問わず、YouTube広告・SNS広告動画・デジタルサイネージなど、さまざまな媒体向けのコンテンツを提供しています。

独自の動画制作支援ツールとクリエイターに直接発注できる制作システムにより、短納期と人件費のコスト削減を実現。最安49万円以下から、最高300万円以上まで、幅広い料金プランが選べます。
(参照元:https://crevo.jp/)


4. 90 Seconds

「90 Seconds」はアメリカやシンガポール、日本など世界7ヶ国に拠点を持つ、グローバルな動画・映像クラウドソーシングプロバイダーです。多くの海外クリエイターによる海外撮影に強く、質の高いスタイリッシュな映像やアニメーション制作などを提供します。

国内では「富士フィルム」などの大手企業をはじめ、1,200社以上が導入し、7,000本以上の動画制作実績があります。クラウドソーシングにより、従来の1~5割という低価格での提供も魅力です。
(参照元:https://90seconds.com/)


5. JPC. Movie SECtion

「JPC. Movie SECtion」は、自社スタジオを所有し、撮影から編集まで映像制作を社内一貫体制で行う動画・映像制作会社です。カメラマンやスタイリスト、フードコーディネーターなど各分野の専門撮影スタッフが400人以上在籍しているため、あらゆるモデルの撮影が可能です。

スタジオには最新鋭の機材を揃え、映像と音声の同時録音に対応。ハイクオリティな3DCG制作を得意としています。料金には3つのプランがあり、基本となる「BASIC」プランは35万円~の提供です。
(参照元:https://movie.jpc-ltd.co.jp/)


6. 株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント

「株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント」は、テレビ取材風動画やドキュメンタリー動画を得意とする、企業動画専門の制作会社です。元TBS系列報道ディレクターが企画から担当し、テレビで培った取材力・構成力・ストーリー力などのノウハウを活かし、わかりやすく共感が得られる動画を提供します。

自社スタジオを保有しているため、納品までワンストップで対応可能です。価格は30万円~で、海外ロケなど本格的な動画は200万円です。
(参照元:https://movie-happy.com/form/)


7. 株式会社ボーダーレス

「株式会社ボーダーレス」は、クリエイター自ら営業や企画の提案、打ち合わせ、撮影編集、納品まで一貫体制で行う動画・映像制作会社です。国内や海外の映像コンペ入賞歴多数の実力派クリエイターが揃っています。

DVD作成やPV制作など幅広い制作実績があり、24時間受付で映像サービスを手厚くサポートします。代理店を通さないため、短納期かつ低予算での制作が可能です。価格は15万円~で、多くの見積もり例から選べます。
(参照元:https://www.borderless-tokyo.co.jp/)


8. 株式会社NewsTV

「株式会社NewsTV」は、ターゲットを想定した動画制作&広告配信を行うビデオリリースサービス会社です。企業のマーケティング活動を強力にサポートし、累計2,500本の制作実績があります。

独自開発の動画配信システムにより、企業が求める見込み客を自動的にターゲティングする「データドリブン(駆動)型サービス」を、ワンストップで提供します。スマートフォン向けの約1分の動画制作費は無償で、配信サービスプランは要相談です。
(参照元:https://newstv.co.jp/)


9. 株式会社Global Japan Corporation

「株式会社Global Japan Corporation」は、動画・映像制作3,000社を超える圧倒的な実績をもち、多くの企業から信頼を得ている制作会社です。求人動画やインタビュー、アニメーションなどあらゆる動画制作に対応します。

業界相場の半額という低予算が魅力で、最安3万円~。業界では当たり前の追加修正費用も無料です。対応がスピーディで短納期にも対応可能なうえ、演出のプロが企画・構成を行うため、ハイクオリティな動画制作が期待できます。
(参照元:https://gjc.me/)


10. 株式会社アートワークス

「株式会社アートワークス」は企業や団体、個人向けまであらゆる映像制作サービスを提供する制作会社です。企業プロモーションや販促映像、社員教育ビデオの他、セミナー・講演会撮影、企業史・記念ビデオ作成にも対応します。

インターネット中継やドローン空撮、海外向け・外国語版制作など、撮影・編集の関連サービスも豊富に提供しています。わかりにくい動画制作の見積もりは、納得できるまで丁寧に説明してくれるのもポイント。動画制作費も18万円~と、低予算で依頼できます。
(参照元:https://www.kartworks.com/)

動画・映像制作会社の比較表

最後に、上記でご紹介した動画・映像制作会社を表にまとめました。それぞれ比較し、自社の希望に適した制作会社がないかチェックしてみてください。

まとめ

動画・映像制作サービスを利用すれば、質の高い会社や製品、サービスのプロモーション動画制作が可能です。制作会社を選ぶ際は、実績や提案力、わかりやすい見積もり、得意なジャンル、修正などのサポート内容をチェックしましょう。
今回ご紹介した10社はいずれも実績があり、それぞれ違った得意分野や強みをもつ動画・映像制作会社です。自社が求めるイメージに合うか知りたい方は、各社のWebサイトにて制作実績をご覧ください。

CTA

RECENT POST「コンテンツマーケティング」の最新記事


コンテンツマーケティング

Web制作会社の選び方:5つのポイントで正しく実現する

コンテンツマーケティング

Web制作会社はどう選ぶ?コンテンツマーケティングの第一歩

コンテンツマーケティング

動画の現状と成功のポイント|先進企業の動画活用事例に学ぶ

コンテンツマーケティング

東京都にある動画・映像制作会社11選

動画・映像制作会社の選び方、おすすめのサービス10社を徹底比較!

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事