セミナー受付システム一覧と比較!15製品を一挙ご紹介

 2018.03.22  LeadPlus

マーケティング部門であれば、真っ先の思い浮かぶ活動の一つがセミナーやイベント開催ではないでしょうか。企業がセミナーやイベントを開催する目的はさまざまです。総じて言えることは「準備・当日対応・事後処理が大変」ということ。

そして、このセミナーやイベントを効率化するために専門のITサービスを利用する企業も多いかと思います。もし、これらのITサービスを利用しない場合には、自社のWebサイトにその仕組みを実装する必要があるでしょう。

今回はイベント・セミナーにおいて来場者を管理したり、その後のマーケティング効果を高めるためのセミナー受付システムを15製品一挙にご紹介します。

セミナー受付システム一覧と比較

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)

ChoiceRESERVEは2010年からサービス提供を開始したクラウド型のセミナー受付システムです。クラウド型なので社内システムを整備する必要はなく、インターネットを通じてシステムにアクセスできるのが特徴です。

サービス自体は提供開始から8年しか経過していませんが、同サービスを運営する株式会社リザーブリンクは15年以上に渡って大手企業や政府機関を中心に、セミナー受付システムの導入支援実績があります。

機能は非常に充実しており、セミナー受付だけでなく当日の来場者管理からその後の顧客管理まで行え、さらにはWEBサイトコンテンツのSEO対策までできます。

利用料金は月額1万円~とリーズナブルなので、初めてセミナー受付システムを導入する企業にもおすすめです。

価格:初期費用2万円~、月額費用1万円~

https://yoyaku-package.com/

COPRO Q-PASS(コプロキューパス)

「簡単」「便利」を追求したセミナー受付システムです。ただし、機能面でも他製品に負けていないのがポイント。セミナー予約フォームを最短3日でWEBサイトに埋め込める上に、顧客リマインダー機能や集計分析機能など、高度な機能も備えています。

クラウド型のサービスではないため、初期投資や運用費は多くかかるものの、ニーズに合わせてシステムをカスタマイズしてくれるという利点があります。自社だけのセミナー受付システムを導入したい、という企業におすすめです。

価格:お問い合わせください

https://www.e-uketsuke.jp/q-pass-lp/

[RELATED_POSTS]

Coubic(クービック)

Coubicは無料でお試しもできるセミナー受付システムです。ただし、「予約システム」としての側面が強く、来場者管理などには向かない傾向にあります。上位プランになるとGoogle Analytics連携機能も備えているので、集客力向上が期待できます。

クラウド型なのでインターネット経由でどこからでもシステムにアクセスできるという利点も。

価格:初期費用無料、月額4,980円~

クリック率を改善したい方のための失敗しない メルマガの書き方、進め方
バイヤーペルソナテンプレート

https://coubic.com/

Event Cloud Mix(イベントクラウドミックス)

Event Cloud Mix は、イベント・セミナーの事前作業から当日の実施、事後フォローまでのイベントサイクルをワンストップで管理するセミナー受付システムです。イベント・セミナー成功のために必要な機能を100以上備えており、イベント・セミナー全体の管理をワンストップで行えます。

料金はイベント枠数とアカウント数によって変動し、他製品に比べると若干割り増し感があります。しかし多機能なことには間違いないため、大規模なイベント・セミナー開催に苦慮していた企業におすすめです。

価格:初期費用無料、月額9,800円~

https://eventcloudmix.com/

EventCreate(イベントクリエイト)

Eチケット発行機能やイベント・セミナー告知用WEBサイト作成機能など、他にはない機能を多数備えています。さらに、アンケート機能が非常に充実しているので、セミナー受付システムとしてだけでなく、アンケート管理システムとして製品やサービスに対する客観的意見の収集にも役立つでしょう。

継続利用プランと単発利用プランの2つを用意しており、突発的に発生するイベント・セミナーでも活用できるのが利点です。

価格:お問い合わせください

https://www.eventcreate.jp/

EventManager(イベントマネージャー)

セミナー受付システムを利用するだけでなく、イベント・セミナー当日に来場者管理のための専用端末レンタルまで行ってくれます。開催後の事後処理も行え、来場者情報もCSV形式でインポートできるため、イベント・セミナー分析も可能です。

大規模なイベント・セミナーでの導入実績もあるため、安心のサポートを受けられます。

価格:初期設定費用3万円/1件、レンタル5,000円~

http://uniaim.co.jp/eventmanager/

EventRegist(イベントレジスト)

EventRegistはシステム利用料が無料で、チケット販売額の8%を手数料として徴収する形のセミナー受付システムです。他の製品と料金体系がかなり異なるため、場合によっては大幅なコスト削減も見込めます。ちなみに無料イベント・セミナーにいたっては手数料が発生しません。

プレミアム機能を契約すると、抽選申し込み機能やプロモーションコード発行機能なども使用できます。

価格:チケット販売額の8%、プレミアム機能に関してはお問い合わせください

http://info.eventregist.com/

MICE受付システム

イベント・セミナー開催にあたって複雑な受付管理や、学会の演題投稿から決済まで管理できるセミナー受付システムです。大規模環境を想定したシステムなので、初期投資は自然と大きくなります。

この他会員管理システムなどと連携することでさらにその効果を高められます。

価格:お問い合わせください

http://www.pac.ne.jp/pac_service/event.html

Peatix(ピーティックス)

Peatixはセミナー受付をWEBサービスとして提供するだけでなく、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)も提供しています。イベント・セミナー開催に関する管理や運営をすべて一任できるため、少ないリソースで大規模なイベント・セミナーを成功させたい企業におすすめです。

同サービスのWEBサイトでは開催するイベント・セミナーを、おすすめイベントとして紹介してくれるのも特徴です。

価格:販売実績に応じて4.9%の手数料とチケット1枚につき99円の手数料

https://peatix.com/

RESERVA(レゼルバ)

高機能なセミナー受付システムを無料からで利用できます。導入は非常に簡単で、予約フォームの埋め込みがたったの3分です。SEO機能やアフィリエイト機能も備えているので、小規模組織のイベント・セミナー開催に向いています。

上位プランでも月額2万円とリーズナブルなのも魅力です。

価格:初期費用無料、月額2,000円~

http://reserva.co.jp/

イベント・セミナー開催はガンガン効率化しよう

イベント・セミナー開催の目的は集客や認知拡大などであって、決して開催すること自体が目的化してはいけません。なので、開催にかかる管理や準備や積極的に効率化して、集客や認知拡大のために付加価値の高い作業に注力することが大切です。

イベント・セミナー開催で思うような効果が上がっていないという企業は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか?

リードプラスではHubSpotを活用している企業に対してセミナー受付テンプーレートをご用意して運用をサポートしています。ご興味のある方はご連絡いただければ嬉しいです。

インバウンドマーケティング完全ガイド

クリック率を改善したい方のための失敗しない メルマガの書き方、進め方
バイヤーペルソナテンプレート

RELATED POST関連記事


RECENT POST「マーケティング全般」の最新記事


セミナー受付システム一覧と比較!15製品を一挙ご紹介
サイト流入/見込み客/売上を伸ばすための25の Webサイト必須項目

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み