キラーコンテンツの意味とは?作り方についても解説

 2019.07.26  LeadPlus

キラーコンテンツとは、それぞれの分野で大きな注目を集めるきっかけとなった影響力のある商品やサービス、情報のことを指します。英語のKiller(驚異的、魅力的)、Contents(内容、中身)という2つの意味の単語を合わせた言葉です。今回はこのキラーコンテンツについて、概要から例、作り方に関してご紹介します。

what-is-killer-contents

キラーコンテンツの意味とは

例えばゲーム業界におけるマリオシリーズなどの人気ソフトや、テレビ業界における人気ドラマシリーズなどがそれにあたります。最近は、主にビジネスの世界で多く使われるようになりました。

Webマーケティングにおいては、「対象のユーザーや顧客にとって魅力的であり、商品やサービスの売り上げに貢献するコンテンツ」のことを意味します。Webサイト上のビジネスでは、自社の商品やサービスがいかに高品質で自信があるものだとしても、Webサイトへユーザーを集客できなければ、購入につなげることはできません。Webサイトを周知し顧客を獲得するには、広告を出すという方法があります。しかし潤沢な資金が無ければ、コスト面での心配が出てきます。自分でWebサイトやメディアを運営して、集客や見込み顧客が増え、且つ商品やサービスの魅力や強みなどをアピールできるような、魅力的なコンテンツの提供ができれば良いでしょう。そうすることでコストを抑えながら商品の売り上げを見込める方向へ導くことができます。

キラーコンテンツの例

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツはどのようなものがあるか、具体的な例を見てみましょう。

BtoBマーケティングお役立ち資料

1)口コミやレビュー

商品の購入を検討する時には、すでに商品を購入した人の口コミやレビューをWebサイト上で気にする人は多いです。特に直接商品を見ることができないネットショッピングの場合、口コミやレビューは重要視されます。

2)導入事例・動画

商品やサービスを実際に利用している記事や動画をWebサイト上で見ることで、商品の活用方法や効果を知ることができ、商品購入後どのように使用をするかという参考にできます。特に同業者が商品を利用して、良い効果が出た事例などを紹介できると、消費者に対してより強い購買意欲をかき立てることでしょう。

3)商品・サービス紹介記事や商品詳細ページ

実際に手に取ってみることができないネットショッピングの場合、商品の詳細な情報は必要不可欠です。機能はどのようなものがあるのか、大きさや重さはどのくらいなのか、価格や付加サービスなど商品の情報を詳しくWebサイトに記載することは消費者への購買意欲を上げることにつながります。消費者が知りたい情報は最低限記載しておくことが重要な意味を持つでしょう。

4)専門家による評価

その業界で有識者として認識されている人や専門家などにインタビューや寄稿を依頼することも有効なコンテンツとなります。権威ある専門家からのお墨付きをもらえれば、商品の説得力が増し、消費者の安心や信頼につながります。

5)アンケート

アンケートもキラーコンテンツとなりうる大きな武器です。第三者に向けたアンケートを実施し、その結果を掲載することで、商品やサービスの信憑性が高まります。調査の規模が高いほど、そのデータは説得力が高いものであるとして、消費者が購入を検討する材料として有益なものになるでしょう。

キラーコンテンツの作り方

実際にユーザーを惹きつけ、集客を期待できるコンテンツの作り方にポイントはあるのでしょうか。

1)消費者のニーズを理解したものにする

どんなに優れた商品でも、アプローチの方法が間違っていれば、ユーザーは振り向いてはくれません。消費者が求めているものをしっかりと把握することが大切です。そのためには、自社の商品を購入する可能性があるユーザーの年代や性別、興味があるものやライフスタイルなどの特徴をつかんで理解することが重要です。

2)商品の強みを洗い出し、アピールする

自社の商品の強みやアピールしたい部分を見込み顧客の特徴に合わせた伝え方で紹介します。そのためにはまず、自分自身が自社の商品に理解を深めておくことが重要です。それができないと消費者のニーズを感じ取り、ニーズに合わせた商品アピールができません。また競合他社の商品を比較して、自社商品のどこが優れているかをアピールする方法もとても有効です。

3)キラーコンテンツ作成だけに注力しない

情報を長期的に、継続して発信することが大切です。より良い作り方をすれば、すぐに集客アップにつながるわけではないのです。コンテンツ作りに注力しすぎてしまい、情報の発信を怠り、ユーザーのことを忘れたコンテンツの作り方になってはいけません。見やすいWebサイトであるか、ユーザーが満足するコンテンツになっているかなど常にユーザーにとって魅力的なコンテンツとなっているかを意識することが大切です。

コンテンツの複製や模倣に注意

キラーコンテンツは、ユーザーから見て魅力的なものです。また商品の購買意欲をかきたてるようなコンテンツであり、あくまでも他との比較で定義されるものです。いくつものコンテンツがある中で結果として魅力があり、商品やサービスの購入へつながる力を持っているものです。「自分のWebサイトのコンテンツは全てキラーコンテンツです。」というような言い方はしません。

キラーコンテンツを作るうえで、すでにWebサイトにあるものと似たコンテンツばかりを作っても、それはユーザーにとって魅力的はありません。同じようなコンテンツを並べても、ユーザーに飽きられてしまいますし、そのWebサイト自体の魅力が下がる結果にもなります。また他のWebサイトのキラーコンテンツを真似た作り方も、Googleなどの検索エンジンからコピーコンテンツと判断されてしまう可能性があります。それはリスクを伴う行為となるので、気を付けるべきです。消費者の趣向や傾向を分析した作り方が大きな意味を持ちます。しかし、Webサイト全体が一つのコンテンツであるということを忘れずに、バランスを見た作り方をしてくことが大切です。

インバウンドマーケティング完全ガイド

クリック率を改善したい方のための失敗しない メルマガの書き方、進め方
バイヤーペルソナテンプレート

RELATED POST関連記事


RECENT POST「コンテンツマーケティング」の最新記事


キラーコンテンツの意味とは?作り方についても解説
サイト流入/見込み客/売上を伸ばすための25の Webサイト必須項目

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ購読のお申込み