SEOツールとは?使うとできることやツールの例も紹介

 2021.01.05  LeadPlus

SEOツールを使えば効率的にSEO対策ができるようになります。ただ、SEOツールもそれぞれに用途が異なるため必要に応じた使い分けが大事です。そこで以下では、SEOツールでできることを説明し、具体的なツールもいくつか紹介します。自社サイトに利用できそうなツールがあれば活用してみましょう。

SEOツールとは?使うとできることやツールの例も紹介

SEOツールとは

SEOツールとは、SEO対策の参考になるデータや情報が得られるツールのことです。さまざまな種類があり、調査できる内容はそれぞれで異なりますし、有料・無料の違いもあります。
自力では適切な効果測定をするのが難しい場合や、具体的な改善点を見いだすのが難しいという場合でも、ツールを使えば簡単に把握できるようになります。専門的な知識があったとしても調べるために時間がかかる場合もあるので、初級者に限らず上級者にも利用価値があります。

SEOツールを使うと何ができるのか

SEOツールで何ができるようになるのか、代表的な機能を説明します。

キーワードを調査する

キーワード選びはSEOにおいて重要な意味を持ちます。なぜなら訪問者の多くは特定のキーワードを入力して検索し、その検索結果を通じてサイトにアクセスしてくるからです。キーワードだけが重要視されるわけではありませんが、多くの人が使用しているキーワードを知ってサイト制作に活用することはSEO対策には欠かせません。

SEOツールではキーワード調査し、どのような単語が多く検索に使われているのかを調べられるのです。「どんな単語がどの時期に多く検索されるか」「特定の単語は、類似する別の単語と、どれほどの検索率に差があるのか」といったことも把握できるようになります。

検索順位をチェックする

自社のサイトが検索結果のどの順位につけているかを把握することは、一種の効果測定になります。順位が低いことが分かれば、対策が不十分もしくは何か問題を抱えているかもしれないと知るきっかけにもなり、その後の改善に活かせるでしょう。

ツールを使えば、複数の検索エンジンにおける順位や、特定の検索方法による順位などを簡単に調べられます。わざわざ手動で検索結果を確認する手間が省けて便利です。

リンクの状況を把握する

リンク状況もSEOにおける大切なポイントです。信頼されているサイトからの被リンクが多いと高い評価を受けやすくなります。逆にリンク切れのものが多いと評価を落としてしまいます。ツールでこれらのリンク状況を調べられるのです。もちろん、1サイト内に多数のリンクが含まれている場合でも、スピーディに自動チェックできます。

自社サイト内部の診断をする

検索順位からも効果測定は可能です。しかし順位のみでは「ページ内のどこまで対策が十分に済んでいるのか」「どこで対策が不十分なのか」までは把握できません。

しかし、中にはページ内のSEO評価してくれるツールもあるため、内部の診断および改善を行いたい場合には利用してみるとよいでしょう。タグや代替テキストの設定ができているかどうか、その他さまざまな事項もチェック可能です。

コピーコンテンツをチェックする

コピーコンテンツが発覚すると、検索順位は下がります。悪質な場合はペナルティも科せられます。数多くのWebサイトが存在する今日では、悪意はなく無自覚だった場合でも、新たに作成したページがコピーコンテンツに該当してしまうことがあるので、注意しましょう。

コピーコンテンツ作成を防止するには、既存サイトとの類似度合いを調べてくれるSEOツールを利用します。自社と似た情報を掲載している既存サイトの有無はもちろん、どのサイトとどの部分が類似してしまっているのかも明確化してくれます。有効に利用すれば、コピーコンテンツを避けること以上に、他サイトにはないオリジナリティを持つサイト構成がきるでしょう。

競合サイトを調査する

検索上位に表示されるためには、競合サイトの調査も欠かせません。上位サイトにおけるキーワードの使い方等を参考にすれば、自社サイトの順位向上へつながるヒントが得られることもあります。

ツールによっては自社のサイトの訪問者数を調べるだけでなく、競合サイトまで調査できるというものもありますので、利用してみるとよいでしょう。

Webサイトのリニューアル時に絶対おさえておきたいSEO対策10のポイント
サイト流入/見込み客/売上向上のための 25のWebサイト必須項目

SEOツールの例

代表的なツールをいくつか挙げて紹介していきます。

Googleトレンド

「Googleトレンド」では、特定の言葉に対する流行り具合を時系列で表し、ほかの単語等との比較もできます。

例えば「パソコン」という単語で調べると、過去12ヶ月間における「パソコン」の検索数の推移が確認できます。何月に多く検索されているのかも把握できますし、外国での推移もチェック可能です。さらに、過去1時間のほぼリアルタイムの情報から、2004年から現在にわたる長期間の推移までも確認可能です。

加えて、複数の単語を入力して、どちらが適したキーワードであるか比較する際に役立ちます。例えば「PC」という単語を加えることで、「パソコン」と「PC」のどちらの言葉で多く検索されているか調べるといった具合です。最大5つまで比較できるため、複数の単語が選べる場合において、選定に困ったときには使ってみましょう。

ほかにも細かく設定を加えられます。ウェブ検索だけでなく画像検索、YouTube検索による場合など、それぞれで絞って調査が可能です。

また、企業によっては、自社サイトのSEO対策についても、地域差を考慮することが必要かもしれません。ツールによって、都道府県ごとの検索率まで確認できるため、ローカルな対策への活用につながるでしょう。

検索順位チェッカー

「検索順位チェッカー」では、任意のキーワードで検索した際に、特定のサイトがどの順位で表示されているのかを確認できます。使い方や機能も非常にシンプルで、すぐに使いこなせるでしょう。

まずはURLを入力し、その下に設けられている枠に調査したいキーワードをセットします。最大5つまでセット可能です。そして「チェック」のボタンを押せば、自動でGoogle・Yahoo!・Bingでの順位およびヒット数が表示されます。コンテンツの制作段階で支援してくれるものではありませんが、効果測定ができるツールの一種と言えるでしょう。事前に「スマートフォン版もチェックする」の項目にチェックを入れておけば、それぞれの検索エンジンにおけるスマートフォン版での順位も表示してくれます。

ただし、客観的な評価を把握するためには使えるものの、ある程度の評価を受けてからでなければ「圏外」と結果が表示されてしまいます。そのため一定以上の規模に達してから使ってみる、もしくは競合の多すぎない単語で調べるようにするとよいでしょう。

リンクチェッカー

「リンクチェッカー」ではリンク切れが確認できます。調査対象のURLを入力し、「チェック」のボタンを押すだけです。1クリックで調べられるため、使い方で悩むこともありません。ただし規模が大きく調査数が多い場合には、調べ尽くすのに時間がかかってしまうのが難点です。

調査状況はリアルタイムで確認できるようになっており、「調査済数」「エラー数」「残調査数」がそれぞれ表示されます。100ページ程度あるだけでも数分以上待たなくてはなりません。通信状況にもよるのですが、10分以上かかる場合も多くあります。
そのため、リンク切れが深刻な問題を引き起こしている事情がない限りは、日常的に使うよりも、たまに確認するといった使い方が適しているでしょう。

高評価

「高評価」では、URLとキーワードを入力するだけでSEOの対策状態の概況を把握できます。しかし、「検索順位チェッカー」とは異なり検索結果の順位を示すのではありません。独自の評価基準のもと、SEO対策度合いを「100点満点中で何点か」で示してくれます。

項目は大きく「基本情報」「主題」「文字数」「単語数」「見出し情報」「代替テキスト情報」「発リンク一覧」に分かれます。

基本情報では、タイトルやディスクリプション、ビューポート、noindex、SSL、ファイルサイズなどの確認ができます。各事項につき評価と簡単な改善方法などが記載されます。

主題では、使用されている上位10位までの単語を表示してくれます。コンテンツとの関連性を確認するヒントになるでしょう。

ほかにも代替テキストの設定ができているかどうかや、リンクに対するnofollow設定の有無もまとめて確認可能となります。

なお、ここでの得点や評価内容が「必ずしも検索エンジンの評価と一致するわけではない」ことには注意しなければなりません。あくまで簡易に、機械的に評価した結果が表示されているため、SEOに関連する設定情報等をまとめて確認するという意味合いで使用するとよいでしょう。

CopyContentDetector

「CopyContentDetector」は、コピペチェックツールです。簡単なチェックであれば無料版でも十分にカバーされるため、多くのユーザーに使用されています。

調査方法は、「調査対象テキスト」に文章を入力して「チェックする」のボタンを押下するだけです。その後少し待っていると調査が完了した旨が表示されるため、再読み込みをして結果を表示させます。

特に着目すべきは「類似度」と「一致率」の項目です。類似度は、Web上に似た文章がないか確認するもので「コピーの疑い」「要注意」「良好」の3段階評価およびパーセンテージでその度合いを表してくれます。相当程度のコピペをして作成された文章でない限り「良好」の判定を受けることになるでしょう。

一致率は、単純な文章の一致率を計算したもので、類似度と同じ3段階で評価されます。ただしこちらは文章をまるまるコピペしていない場合でも、同じ言い回しや単語を多用している場合には「要注意」の評価を受ける可能性が高くなります。

コピーされた文章であるとの評価を受けないためにも、できるだけこのツールで確認するようにしましょう。

なお無料プランでは一度に4,000文字までしか調査できないなどの制限がありますので、より詳細に分析したいという場合には有料プランを申し込みましょう。

SimilarWeb

「SimilarWeb」は、アクセス状況や訪問者の行動履歴がわかるツールです。世界中のモニターの行動から解析されたデータが確認できます。URLを入力するだけで簡単に調べられますが、そのデータ自体は完全に正確なものではなく、予測によるものです。そのため「ある程度の誤差はあるもの」と認識したうえで、参考にしましょう。

ただ、このツールが持つメリットは、「競合サイトの調査ができる」という点です。自社のサイトであればGoogleアナリティクスなどによって正確なデータが得られますが、他サイトのデータを得ることは不可能です。そこでSimilarWebを使えば、おおよその状況を把握し、より細かな競合との比較ができるようになります。

まとめ

SEOツールを使うことでキーワードの調査ができたり、現在の検索順位が知れたりなど、SEOに役立つ情報を簡単に手に入れられるようになるでしょう。手作業で行うよりもはるかに時間が短縮できますし、作業効率も高められます。

ここではSEOツールの一部を紹介しましたが、ほかにもいろいろな機能を持つツールが存在します。自社サイトに適合するものを調べ、実際に試してみましょう。


RECENT POST「SEO」の最新記事


SEOツールとは?使うとできることやツールの例も紹介

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事