ABM

 2019.03.27  LeadPlus

ABMとは、(Account Based Marketing)の略。複数の顧客に対してアプローチをしていくのではなく、具体的な企業や団体を事前に想定し、顧客が抱えるニーズや課題へ個別にアプローチをするマーケティングの手法。

マーケティングする団体をしぼることで、資金など必要なリソースを特定の団体に集中させることができ、素早い信頼関係の構築が期待できる。また、無駄な方策や資金の軽減にもつながる効果がある。

ABMを実施するには、ターゲットとなる企業や団体といった顧客の情報データなどを正確に管理し、分析や、正確なデータマネジメントを行うツールの存在が必要不可欠。
営業管理システムツールであるSFAや、顧客関係性マネジメントのツールであるCRMなどが普及し、データマネジメントが容易にできるようになったため、ABMも容易となった。このことが影響し、近年では、ABMが注目されるようになる。

対極的な手法としては、顧客の心理を刺激して需要を生み出すことを目指すデマンドジェネレーションがある。