行動ターゲティング

 2019.03.29  LeadPlus

行動ターゲティングとは、ユーザーのインターネット上の行動履歴情報を利用して、興味・関心に合った広告を配信する宣伝広告の手法のこと。

具体的には、Cookie情報を使用してサイトの閲覧・検索、広告への反応・ECサイトでの購買などの履歴を追跡する。これを数百の行動パターンに分析し、ユーザーが興味を持ちそうな広告を推測して表示することで、それぞれに適した広告を表示する。たとえば住宅関連の広告をクリックしたりサイトを訪れたりしたことがあれば、住宅関連のジャンルに興味があると判断し、住宅関連広告を配信するというもの。

行動履歴が蓄積されればされるほど情報の精度が高まり、それによってより効果のあるOne to Oneマーケティングが行えるようになる。

行動ターゲティング広告は、関心が高いと思われるユーザーに絞って広告を提示するため、コンバージョンに繋がる可能性が高くなり、宣伝コストも下げることができる。またバナー広告やリスティング広告とは異なり、広告媒体サイトのコンテンツに関係なく、個別に広告を配信できるという利点がある。