コンテクスト・マーケティング

 2019.03.28  LeadPlus

コンテクスト・マーケティングとは、消費者のコンテクスト(背景・心理など)を捉え、それにふさわしい商品やサービスを、ふさわしいタイミングで提供するマーケティングのこと。GoogleのAdWords(アドワーズ)広告が代表的な例で、検索したキーワードや位置情報などから目的を把握し、最適な広告を表示している。

コンテクスト・マーケティングはマーケティングの基本ともいわれ、消費者のニーズに合った商品を届けるために用いられる。具体的にはいつ・なぜ購入しようと思ったか、どのような経路で購入に至ったかなどの観点から顧客調査を行い、消費者のコンテクストを探る。コンテクスト・マーケティングを行うことで、商品やサービス購入の可能性を高めることができるだけでなく、企業自体の信頼度やロイヤルティーを高めることもできる。

一方でコンテクスト・マーケティングのやり過ぎは、顧客に嫌悪感を抱かせることもある。また企業側の連携が取れていないと、顧客は何度も同じやり取りをさせられることにもなる。コンテクスト・マーケティングをするときは、個人情報を取り扱うということ、会社全体でコミュニケーションを取りながら顧客調査をすることが大切である。

RELATED ARTICLE関連記事