クロスセル

 2019.03.28  LeadPlus

クロスセルは、顧客が自社の商品やサービスを購入する際に、他の商品もセットで購入してもらうことを指す。新規顧客の獲得コストをかけることなく、簡単に顧客単価を上げることができるため、多くの企業で採用されている。

例えばECサイトで商品を購入したときに「◯◯を購入した人は◯◯も買っています」という案内が出てくるのは、典型的なクロスセルの利用法。

クロスセルとして誘導する商品やサービスは、たとえば、自動車を買った時にカーナビを案内するなど、セットで購入することで使い勝手が良くなるものや、顧客が買った商品と関連性の高いものが望ましい。また、顧客の好みやライフスタイルが分かっていると、より効果の高いクロスセルを実行できる。ECサイトでは過去の購買履歴が記録されているため、クロスセルの効果を発揮しやすい。

ただし、クロスセルは、誘導する文言やタイミング、案内する商品などが適正ではないと、顧客に押し売り感を与えてしまう。そのため安易に使うと悪印象を与え、顧客離れにつながることもある。

RELATED ARTICLE関連記事