データベースマーケティング

 2019.04.01  LeadPlus

データベースマーケティング(Database Marketing)とは、顧客の個人情報や購買履歴から顧客が求めるニーズを把握し、その顧客に適した情報やサービスを企業が提供する、マーケティング手法のこと。

現代社会では顧客満足度を高めるサービスのひとつとして、多くの企業が取り入れている。大切なのは、データの量と質。企業に顧客の個人情報(年齢や性別、家族構成や住んでいる地域、所得や趣味など)がどれくらい蓄積されているかで、アプローチの手法が変わるため。

例えば化粧品を扱う企業の場合は、顧客の肌情報や好み、購入時期や使用頻度がわかれば、必要な時期に的確なアプローチができる。それにより、既存顧客の購入単価のアップを図ることが可能。

アプローチ方法もさまざまだが、現在はインターネットの普及からメールでのアプローチが多く、年代によっては電話も効果的に使われている。新規顧客獲得より既存顧客と継続的な関係を築くことが目的として使われる場合が多く、他のマーケティング手法と区別して使うことが重要。

RELATED ARTICLE関連記事