メールマーケティング

 2019.04.01  LeadPlus

メールマーケティングとは、Eメールの仕組みを用いて顧客とコミュニケーションを取り、商品・サービスのマーケティングを行う手法を指す。
メールマガジンに登録してもらう方法が一般的で、顧客に有益な情報を発信して購入意欲を高めてもらい、商品購入を促すという形で運用される。

メールマーケティングの運用法は、メールマガジンのほか、フォローメール、ステップメール、ターゲティングメール、休眠発掘メールなどいくつか種類がある。

メールマーケティングのメリットとして、データ分析がしやすく、改善策を取りやすいという点が挙げられる。アクセス解析ツールを利用することで、開封率や添付したURLのクリック率などもわかる。顧客がメールを見てどのようにアクションしたのか、というデータを計測し、販促活動に生かすことが可能。

またメールマーケティングは、もともと会員登録している人、商品・サービスに興味のある人へメール配信することを目的としており、不特定多数の人に配布するチラシ・広告よりは費用対効果が高く、かかるコストも低いと考えられている。

近年ではSNSの発達により、メールマーケティングはもう古いというイメージがつきまとっていたが、配信システムや分析などの技術的な進歩から見直されつつある。

RELATED ARTICLE関連記事