ゲーミフィケーション

 2019.03.28  LeadPlus

ゲーミフィケーションとは、ゲームの手法をゲーム以外の分野に応用すること。ゲーム的な要素でユーザーの興味をひき、動機付けをすることで、ユーザーの行動を変化させて企業が求める行動へと促していく。

さまざまなゲーム要素をアプローチ手法に用いることで顧客の行動をアクティブにし、最終的にその製品やサービス本来の価値に気付いてもらうことを目的とする。「ポイント制」や「ランク別得点」などが代表例。

以前からこれを取り入れたマーケティング手法は用いられていたが、インターネットやスマートフォンの普及により、現在ではポピュラーなものになっている。この手法を取り入れるためには、バートルテストを踏まえたシステムづくりが必要。

目的達成を好む達成者(Achiever)、知識や新領域の獲得を優先する探検家(Explorer)、他者との関わりを重視する社交家(Socializer)、他者との優位性に満足する殺人者(Killer)の4つのゲーマータイプが存在するという考え方で、これらを意識しつつ、明確な目的や課題により報酬を得るなどのゲーム性を加味することが、ゲーミフィケーション成功へのポイントとなる。

RELATED ARTICLE関連記事