マーケットセグメンテーション

 2019.04.01  LeadPlus

マーケットセグメンテーション(Market Segmentation)は、「市場細分化」と訳され、市場や顧客を何らかの基準で分類し、個々のグループに対して効果的な商品開発やマーケティング活動を行っていくことを指す。従来の画一的な手法であるマス・マーケティングの対義語でもある。

マーケットセグメンテーションは、顧客ニーズや生活スタイルが細分化したことで、誰にでも受けるものより、特定の層に向けて最適化された商品やサービスの方が支持されるようになったことから、その必要性が高まった。

実際に市場の細分化を行うに当たっては、人口統計や地域などの外面的な要素に加え、顧客の趣味や心理、行動パターンなど内面的な要素も使われる。

そうして細分化されたセグメントに対し、個々の市場規模や消費者の特性、自社が持っている強みや弱み、競合他社の分析などを通して、自社にとって魅力的だと思われるセグメントを発見する。そして分析結果に基づいて、効果的な商品開発やプロモーションを仕掛けることが目的となる。

RELATED ARTICLE関連記事