O2O

 2019.03.27  LeadPlus

O2OとはOnline to Offlineの略で、オンライン上の施策によってリアル店舗への来店促進を行うことを指す。Offline to Onlineの意味でも用いられることもあるが、一般的には前者の意味で用いられることが多い。

Webやアプリ上でクーポンを配信する来店プロモーションが、O2Oの代表例。
店舗側は、DMのようなオフライン施策だけでは効果測定をすることが難しい。O2O施策を実施することで効果測定しやすくなり、低コストで広範囲にプロモーションできるというメリットがある。

最近ではスマホの位置情報や店舗在庫データなどを活用して、ユーザーが最寄り店舗に近づくとプッシュ通知でクーポンや最新商品の在庫情報を配信するアプリも登場している。

O2Oの意義はオフラインの行動とオンラインの行動を紐づけることであり、すべての販売チャネルでシームレスに商品を購入できるようにするオムニチャネルにもつながっていく。

RELATED ARTICLE関連記事