オプトイン

 2019.03.28  LeadPlus

オプトインとは、活動や団体に参加する、または承認する意思を示すという意味の言葉。オプト(opt)とは「選択する」、イン(in)は「入る」という意味の英語が語源。

企業などに対し、個人情報の収集や利用、宣伝メールを配信することなどを許可する場合に使われることが多い。例えば、ある企業のメールマガジンを受け取る申し込みをユーザーがすることをオプトインという。このユーザーは、企業に対し興味を持っているといえるため、効率の良い営業活動を行えるメリットがある。

反対に、許可を得ることなくメールを送付する行為などをオプトアウトという。オプトインは許可するユーザー側に主導権があるが、オプトアウトは送信側に主導権があり受け取りたくない場合は受信拒否操作をする必要がある。迷惑メールとみなされてしまう可能性も高い。

日本では2008年の迷惑メール対策関連の改正法により、これまでオプトアウト方式だった宣伝メールもオプトイン方式で行わなくてはならなくなった。

オプトインも進化しており、以前は一度同意を得るシングルオプトインが大半だったが、現在は登録されたアドレスにメールを送り、記載されたURLにアクセスしてもらうダブルオプトインが主流になっている。

RELATED ARTICLE関連記事