PDCA

 2019.03.27  LeadPlus

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行・実施)、Check(点検・評価)、Act(改善・処置)の4つの言葉の頭文字をあわせたもので、マネジメントサイクルの1つ。

日本の製造業の品質向上に寄与したアメリカのウィリアム・エドワード・デミング博士と、ウィリアム・シューハート博士が提唱した考えで、ISO9000やISO14000にも影響を与え、かつソフトウェア開発におけるスパイラルモデルにも使用される世界基準のマネジメント手法。

物事を進める際に必要とされる考え方で、まずは目標を定め、それに向かうための計画を立てて実行し、進行途中に現状を評価・問題点を改善することにより、品質維持および向上を可能とする。低コストでテスト評価ができ、完了前の効果分析を可能とすること、それにより効果的なソリューションを実行でき無駄な時間を省けるといった有効性があげられる。

このPDCAサイクルは、ビジネスシーンはもとより、日常生活をはじめとするあらゆるシーンに有効で、生活の改善・向上などにも期待されている。