リレーションシップ マーケティング

 2019.04.01  LeadPlus

「リレーションシップ マーケティング」とは、企業が顧客と長期に亘って良好な関係性を構築し、優良顧客となってもらうことで企業の利益を最大化するマーケティング手法を指す。

リレーションシップ マーケティングの背景には、全顧客の上位2割にあたる優良顧客が売上の8割をもたらすという「パレートの法則(2:8の法則)」の考え方が根本にあるとされる。

リレーションシップ マーケティングでは、新規顧客の獲得にコストを割くよりも、既存顧客と長期的な関係を築く方がコストをかけずに継続的な利益を見込めるという考えに立つため「一人の顧客」から得られる利益の最大化(Life Time Value、LTV)が重要となる。

このマーケティング手法では、顧客に対して「個人」の要素が強まるため、顧客のライフサイクルに着目したアプローチや、顧客のニーズに合わせて商品やサービスを開発・提供する必要がある。また近年では、ほとんどの顧客がインターネットを利用するため、口コミサイトなどを活用したアプローチも行われている。

RELATED ARTICLE関連記事