ターゲットセグメンテーション

 2019.04.01  LeadPlus

ターゲットセグメンテーションとは、対象を意味するターゲットと、分割を意味するセグメンテーションを足した言葉で、ユーザーをさまざまな条件(居住地、年齢、興味など)で細分化し、それぞれの特長を明確にして絞り込み、プロモーションに有望な領域を見つけ出していくマーケティング手法。

特定の領域にある特定のニーズに合わせて商品開発やプロモーションを行えば、成功する確率はそれだけ高まる。また、セグメンテーションの基準を自社の強みや特徴に合わせることで、他社との差が生まれ、独自性の高い開発を行うことも可能となる。

実施にあたっては、最初に属性を決定し、似たような性格を持つ小さな集団に分割する。そして集団の中における特徴的な共通項を探し出し、代表的な顧客像を練り上げていく。

例えば、顧客のニーズや、購買に至る行動パターンを使ったセグメンテーションからは、効果的な宣伝広告にダイレクトにつなげることができるほか、新規の商品開発を進めるためのヒントにもなる。その他、地理的な条件、人口統計上の属性、心理的な傾向などがよく使われる。

RELATED ARTICLE関連記事