サテライトサイトとは(衛星サイトとは)

 2019.07.12  LeadPlus

サテライトサイト(衛星サイト)とは、主にメインサイトの被リンク数の増加や潜在ターゲットの獲得を目的として、メインサイトとは別個に作成されたサイトのことです。前提として、特定のWebサイトに数多くの被リンクがなされていた場合、そのサイトに掲載されているコンテンツや情報が有益もしくは優良であり、かつ多くの人に参照されていることを意味します。また、Googleは被リンク数をWebサイトの価値の指標としているため、作成したサテライトサイトにメインサイトへのリンクを貼ることで良質なサイトと位置付けられる可能性が高くなり、検索結果の上位表示を狙うことができます。

一般的には優良な情報を掲載し、第三者からの被リンクを誘致しますが、サテライトサイトは能動的にメインサイトの被リンク数を増やすことができます。ただし、サイトを乱立し、見かけの被リンク数を増加させる行為はブラックハットSEOと呼ばれ、Google公式のガイドラインで違反とされています。発覚した場合は、検索順位を下げられるなどのペナルティを受けることになるので、注意が必要です。現在は被リンク元のコンテンツの質も評価指標に加えられており、やみくもにサテライトサイトを作成しても順位が上がらないようにシステムが整備されつつあります。そのため、SEO対策においてはコンテンツの充実した良質なサイトを作成し、被リンク数を獲得する必要があります。

一方で、サテライトサイトには潜在ターゲットの獲得の役割もあります。例えば、メインサイトが物販サイトであった場合のゴールは商品購入であるため、通常は製品情報やユーザーの声など商品の魅力をPRする内容を掲載します。しかし、その対象は顕在化されているニーズのみであり、潜在ニーズには対応していません。そこで、メインサイトで取り扱う商品に関連する内容のコンテンツを取り扱うサテライトサイトを作成し、リンクによってメインサイトへの動線を確保します。そしてメインサイトでカバーしきれない情報や、購買意欲を刺戟する内容を掲載することで、潜在ニーズを持つユーザーへのアプローチを可能にします。

サテライトサイトは有効なSEO対策の手段ですが、その効果はコンテンツの質や、メインサイトと関連性に左右されます。また、サテライトサイトを同一ドメインで作成した場合、メインサイトの中のコンテンツのひとつと判断されるため、メインサイトへの被リンクとしてカウントされません。別のドメインで作成し、評価システムに別サイトであると認識される必要があります。

RELATED ARTICLE関連記事