CPAとは

 2019.06.11  LeadPlus

CPA (Cost Per Acquisition/Cost Per Action)とは、コンバージョン(conversion/CV)1件当たり、例えばお客様ひとりの獲得や注文・資料請求などにかかった広告費用を表す数値のことです。おもに、インターネット広告の効果を測定するために利用され、このCPAが低ければ費用対効果が高いとされています。 なお、CVとはWebサイトの広告で設定した目標の達成を示す単位です。CVは、必ずしも商品販売など金額が発生するものだけではありません。Webサイトを運営する際の目標に対して、ネットユーザーがその目標を満たす行動を取ることをCVと呼びます。例えば、通販サイトでは商品の購入となりますが、情報提供サイトであれば問い合わせや資料請求もCVとしてカウントされます。

CPAは、広告費をCV数で割って算出します。広告費100万円を投入して100件のCVがあった場合、CPAは1万円となります。この場合、通販サイトの商品広告であればその商品の単価は1万円以上に設定されていなければ不採算ということになります。このようにCPAが高い、すなわち1コンバージョン獲得の費用が高すぎる場合には、広告費用あるいは広告そのものの見直しが必要となります。

リスティングなどの広告を出稿する際、このCPAを目標として設定することで、予算管理や広告の効果を検証することが可能になります。リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれ、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って、ユーザーが検索したキーワードの検索結果に連動して表示される広告のことです。ユーザーが自ら検索するとき、つまり興味関心がある人に対して広告を表示するので、集客や商品購入などに高い効果があると言われています。この際、CPAの概念をしっかり理解して運用すれば、広告に対する費用対効果を確認することや、コストと商品単価のバランスを取った広告作成、Webサイトの改善に役立てることができます。

CPAが低いということは、その分、効果が高い広告ということになり、言い換えれば低コストでお客様を獲得できたということになります。サイトへの集客は、検索エンジンの上位を目指す、いわゆるSEO対策と同様に、これまで述べてきた広告やSNSなどの手段があります。その広告で集客を増やしていくためには、このCPAを設定することで費用対効果をチェックして最適化していくことが大切です。大枠だけで広告費を考えるのではなく、CPAをうまく活用して、CV1件当たりの広告費がいくらなのかきめ細かく把握することで、より精度の高い広告出稿が可能になります。

RELATED ARTICLE関連記事