CPCとは

 2019.06.11  LeadPlus

CPCとは、「Cost Per Click」の頭文字をとった言葉で、オンライン広告を運用する際に必要な評価指針となる概念のひとつです。1クリック(=1アクセス)を得る際にかかるコストのことを指し、一般的には数円~数十円程度、高い場合には数百円~数千円となることもあります。リスティング広告の場合では、PPC(Pay Per Clic)と同義に使われます。
CPCは、出稿した広告にかかった金銭的コストをその広告によって得られたクリック数で割ることによって導かれますが、CPM(Cost Per Mille:1000回表示あたりの広告コスト)による広告を使った場合でも、CPCを計算して検証を行われることがあります。オンライン広告による効果を検証するには、CPA(顧客獲得単価)、CTR(クリック率)、CVR(成約率)とともに総合的に判断しなければならず、CPCを含めたこれらの指標は効率的に自社サイトに集客する方法を見極めるためには欠かせないものです。

CPCによるクリック課金型広告は、検索エンジンなどの検索結果ページに掲載されるリスティング広告などで採用される方式で、PCサイトやスマホサイトに掲載された広告を閲覧者がクリック、タップすることで、広告主からサイト運営者にCPC分の金額が入ります。そのため、CPCは検索回数や競合のバランスによって決定されます。検索回数・競合が多く、成約時に高い利益が期待できるキーワードの場合は、概ねCPCは高くなります。検索回数が多くても競合が少ないキーワードならCPCは低くなりますが、この場合、費用対効果の高い広告キーワードであると言えます。

CPCは固定されている場合もありますが、掲載したいページや検索キーワード、希望単価を広告主が入札するオークション方式で確定することが多いです。この方式では掲載するサイトや、検索されるキーワードによって大きく単価が変わるため、上限CPCが設定できます。上限CPCを高めに設定すると、広告を掲載するサイトから、広告の表示回数を増やす、クリックされやすい目立つ位置に広告を掲載するなど優遇を受けられる場合もあります。

ただし、何を目的として広告を出稿するのかによってCPCの考え方は変わります。例えば、商品や自社の認知が目的なら、できるだけ多く自社サイトへ集客しなければなりません。その場合、CPCが高いとクリック数が増えるごとに広告費は跳ね上がっていくので、CPCを低めに設定する必要があります。また、売り上げアップを図りたいのなら、クリック数よりも成約数に重点を置きます。ネットビジネスにおいて、必ずしもクリック数=成約数ではありません。この場合、CPCよりもCPAやCVRを念頭に新たな施策を練ることが求められます。

RELATED ARTICLE関連記事