トリプルメディアとは

 2019.07.11  LeadPlus

トリプルメディアとは、企業がマーケティングにおいて利用する3種類のWebメディア、またはそれを整理したフレームワークを指す言葉です。トリプルメディアはペイドメディア(paid media)・ オウンドメディア(owned media)・アーンドメディア(earned media)に分けられます。

まず、ペイドメディア(paid media)は、広告出稿など支払いを行うことで利用できるメディアで、ポータルサイトやニュースサイトなどの広告枠、テレビやラジオのCMが当てはまります。集客力のあるサイトに広告を出稿すれば、広告が多くの人の目に触れることになり、自社サービスや商品の普及を推し進めます。効果を得るためにはある程度のコストが必要になりますが、費用をかけるほどユーザーの目に優先的に目に触れるようになるため、効果が高くなるといわれています。

一方で、オウンドメディア(owned media)は、自社が所有するメディアのことです。企業サイトや商品ブランドサイト、生活に役立つ情報を届けるブログやコンテンツサイトなどが該当します。自社サービスや商品を広めるだけでなく、企業のブランドイメージを向上させるのにも役立ちます。自社で管理・運営するため、情報をコントロールしやすい反面、オウンドメディアを閲覧するユーザーは限られているため、情報を広めるのが難しいという難点があります。
そして、アーンドメディア(earned media)は、自社サービスや商品に対する評判や信用を得るためのメディアのことです。例えば、SNSなどのソーシャルメディアや商品レビューや、インフルエンサーによる情報の拡散を指します。消費者が主体となって情報を発信するため、ほかの消費者からの共感や信頼を得やすかったり、一気に情報が広まったりするメリットがある一方、企業側が情報のコントロールができないという難しさもあります。

トリプルメディアはマーケティングにおいてそれぞれ活躍する場面が異なるため、適切に使い分ける必要があります。多くのユーザーにサービスや商品を知らしめたいときに使用するペイドメディアは、広告を出すメディアを吟味すれば、ピンポイントに対象ユーザーに告知することが可能です。オウンドメディアは、消費者に向けて自社サービスや商品のより詳しい内容を発信したいときや、長期的なマーケティングに使用します。自社でしか持ち得ない情報を公開することで、消費者のニーズを満たし、より深く企業のことを知ってもらうことができます。消費者の意見に直接触れられるアーンドメディアは、評価されている部分やそうでない部分を探り、改善に役立てることができます。このようにトリプルメディアの特性を組み合わせることで、自社サービスや商品の普及・発展を目指すことができます。

RELATED ARTICLE関連記事