HubSpot完全ガイド無料ダウンロードはこちら

HubSpotのご利用ケース

どのような場合にHubSpotが最適か、ご利用ケースをご紹介いたします。

ケース1. 情報の集約化

セミナーや展示会、テレマや外部メディアの広告から取得した個人情報がバラバラに管理されていて有効活用できていない

情報の集約化HubSpotのコンタクトデータベースは、マーケティング施策から発生したフォーマットの違う個人情報やそれに紐づく関連情報を一つのコンタクトデータベースとして管理します。

また優れたリスト機能により見込客のセグメント化やスコアリングなど属性ごとにリストを簡単に作成することが可能になり、ターゲットを絞り込んだきめ細かなマーケティング活動を実施することができます。


ケース2. メールマガジン

メルマガを定期的に送っているが開封率が低く読んでくれていない

メールマガジン自分に関係のないメールほど読まれないものはありません。場合によっては迷惑メールフォルダへ移動されるケースもあるでしょう。

強力なメール機能を提供するHubSpotを活用すればリスト全体へのバルクメールはもちろんのこと簡単に見込客をセグメント化、興味分野のメールを自動で送信したり、ユーザーのアクションに応じた自動化されたメール配信など適切なユーザーに適切なメール配信が可能になります。もちろんメールの開封状態やクリックなど全てを分析することも可能です。


ケース3. 集客

ホームページからもっと見込客を呼び込みたい

集客HubSpotは、インターネット上で見つけてもらうことを目的にSEO機能を提供します。

このSEO機能を利用すると検索エンジン結果のためにページごとに適切なアドバイスを受けることが可能になります。

アドバイスに従うことで検索結果の上位表示を可能とし多くの流入による見込客獲得へとつながります。


ケース4. 情報分析

マーケティング活動全体の成果を見たい

情報分析まず最初にHubSpotにログインするとマーケティング活動全体のダッシュボードがKPIと共に表示されます。

Webサイトへの訪問数や流入元の分析、パフォーマンスの良いランディングページやブログ、キャンペーンやペルソナごとの顧客ライフサイクルステージの変遷やコンタクト数、Eメールの配信状況やクリック率など必要な情報の全てが網羅されています。

また個々のツールにドリルダウンすると個別のアクティビティの詳細分析も可能です。これらの指標をもとにマーケティング担当者はPDCAサイクルを回して質の高いマーケティング活動が可能になります。


ケース5. リードの品質

営業に質の高い見込み客の情報を渡したい

リードの品質HubSpotを活用することで顧客のステージを容易に管理できます。メルマガ購読など最初にコンバージョンしたお客様は、まだ購買意欲が低いと判断しオートメーション機能を使いナーチャリングしていきます。

事例やカタログ、フリートライアルといった自社の具体的なサービスに興味を持った段階で、営業に情報を渡すことで営業サイクルを短縮化することが可能になります。

また、HubSpotはSalesforceやNetSuiteなどのCRMと連携するため営業とマーケティングの距離が近くなります。もちろん営業担当者はHubSpotで管理されている見込み客の行動全てを閲覧しながら質の高い営業活動を効率的に行うことが可能になります。


ケース6. ウェブサイト連携

ホームページに問い合わせ機能や資料ダウンロードの機能を組み込みたい

ウェブサイト連携個人情報を取得する術のないホームページにHubSpotを組み込むことで問い合わせ管理や資料ダウンロード時のフォーム設定などを簡単に行うことが可能です。

顧客情報はコンタクトデータベースに保存され、後から属性ごとにメールを配信したり要求に応じて担当者へ自動で通知することも可能です。


ケース7. マルチメディア

ビデオなどからもコンバージョンを獲得したい

マルチメディアHubSpotは、オープンなアーキテクチャーを採用しています。

さまざまなツールがHubSpotと連携しているためビデオやアンケートシステム、Webセミナーシステムなどから個人情報を取得しHubSpotに取り込み管理可能です。


ケース8. オートメーション

お客様の状況に応じてメールを自動で配信したい

オートメーションHubSpotは、効果的なセグメントリストを自動構築しEメールの送信やWebサイトコンテンツやCTA(ボタンやバナーなど)のパーソナライゼーション、マーケティングオートメーションを実行可能です。また行動に基づいたスコアリングも簡単に行えます。

これらの機能を活用することで自社の戦略に基づいたセグメント化された見込客に対して的確なオファーを行うことが可能になります。


ケース9. タイムライン

特定のコンタクトの行動を時系列で閲覧したい

タイムラインHubSpotでは、コンタクトデータベースに登録されているコンタクトと企業とのすべてのやりとりを時系列で表示するタイムライン機能を提供します。

サイト訪問やEメール、ソーシャルメディアの発言、Webセミナーや動画の視聴など個々のユーザーの行動全てを管理して時系列に表示します。営業やマーケティング担当者は過去の履歴を閲覧しながら一歩先に行く提案が可能になります。


ケース10. パーソナライズ

見込客や顧客など個人の属性ごとにボタンやバナー、ランディングページの表示を変えたい

パーソナライズHubSpotでは、お客様に満足してもらうためのパーソナライズ機能を豊富に揃えています。

ボタンやバナー、ランディングページ、コンテンツなどお客様の属性に合わせて表示の切り替えを自動で行うため、お客様に最適化された情報を提供することが可能です。

HubSpotに関してご不明な点はございませんか?

HubSpotの利用方法、機能など、お気軽にお問い合わせください。

以下のボタンよりリードプラスへお問い合わせください。

お問い合わせ