Web集客

集客戦略の決定にあたり、ターゲットに応じた各施策の特徴をご紹介します

Web集客を成功に繋げるための
インバウンドマーケティングとは?

B2B企業のための最も効率的かつ効果的なマーケティング手法であるインバウンドマーケティングをご紹介します。

詳細を確認

継続的にインバウンドの質と量を求める

インバウンドマーケティングを実施するにあたり、Webサイトへの集客はその成否を左右する非常に重要な出発点です。いかにオウンドメディアやマーケティングオートメーションを導入しても、集客がうまくいかなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。集客にはいくつかのアプローチと、それぞれに応じた方法論が存在しており、ターゲットに応じてそれらを組み合わせ、相乗効果を上げてゆくことが必要です。集客戦略の決定にあたり、各施策の特徴を理解しましょう。

コンテンツSEO

Webにおける集客でもっとも重要な経路は自然検索による流入です。

一般的なSEO対策では、コンテンツ自体に関する内部要素と、被リンクなどの外部要素の両面に関する対策を行っていきます。これに対し、コンテンツSEOはより内部要素であるコンテンツによるSEOに重点を置く対策です。これにより、検索ユーザーが抱える問題の解決に必要な情報をコンテンツとして発信し、多くのユーザーと接点を持つことで信頼関係を構築しセールスするための取り組みを表します。

コンテンツSEOを実践するにあたり、必ず意識したいポイントは、検索エンジンの評価基準を積極的に把握するということです。検索エンジンは、良質なコンテンツと質の低いコンテンツを判定するための判断基準をもっています。インターネットの世界では、その判断基準(ルール)のことをアルゴリズムと呼んでいます。アルゴリズムは、検索ユーザーに対して優れた体験を与えられるように日々改良されています。そのため、どんなコンテンツを評価しているのか、Googleの公式発表から読み解くことが非常に大切なポイントとなるとともに、正しいターゲットを流入させるためのキーワードの設計をもとにしたコンテンツ作りが重要になります。

コンテンツSEO

ソーシャルメディア

新たな潜在顧客との接点として、ソーシャルメディアも非常に注目されており、集客のチャネルとしても期待が高まっています。しかしながら、2011年以降多くの企業で取り組みが行われてきましたが、ソーシャルメディアマーケティングの定義が企業によって不明確であったため、誤った運用方法により成果を出すことができなかった企業が後を絶ちませんでした。

ソーシャルメディアの利用者は、「情報に触れること」と「他者の考え方に触れること」です。そのため、大大的に広告を打ちマーケティングを展開する行為は、かえってマイナスブランディングとなってしまうでしょう。だからこそ、広告を打つのではなくて、訪問者にとって参考になるコンテンツを用意し、十分な信頼を獲得した上でセールスにつなげていきます。そのため、ソーシャルメディアでの集客は、より利用者に有用なコンテンツを提供することと、各ソーシャルメディアの特性に配慮した配信が重要です。

また、上記の点から考慮しても、ソーシャルメディアを利用する目的は、短期的な見込み客の獲得ではなく、長期に渡る見込み客とのリレーションを深めることを重視するべきでしょう。その効果測定の方法は比較的簡単で、提供したコンテンツに対するエンゲージメント率を測定すれば、見込み客とのリレーション状況をリアルタイムで把握できます。エンゲージメント率の高い(反応率の高い)ユーザーとより良い関係を築き、セールスを展開していくことこそを最大の目的とし、そのためには継続的に良質なコンテンツの提供が求められることになります。

ソーシャルメディア

ネイティブ広告

インバウンドマーケティングにおいては、広告のようなアウトバウンド的な手法は相反すると思われるかもしれません。しかし、インバウンドマーケティングを志向し、コンテンツマーケティングを中心としたアプローチを行ってもすぐに成果が出るわけではありません。コンテンツSEOを行い、それが有効で新規の流入を獲得するとしても、その成果が出るまでにはタイムラグが発生します。極端に言えば、最初はいくらコンテンツを投入しても流入が増えてきません。筋トレやダイエットなどと同じで、すぐに効果が出なくても、続けることである日突然上昇に転じます。もちろんしっかりとした設計のもと正しいコンテンツマーケティングを行うという前提です。

そこで、コンテンツマーケティングで成果が出始めるまでは、ビジネス上のニーズと、SEO上の効果を加味し、広告という手段も用意することを考えるのが妥当です。

これは、Googleの検索ロジックの中にこの「アクセス数の多さ」も入っていると言われていることもあり、早期にアクセス数を獲得するというのは重要なポイントです。

このため、コンテンツSEOを柱としたコンテンツマーケティングの成果が出るまでの間、ある程度の費用をかけても広告を併用することには一定の合理性があります。

ネイティブ広告