SEOライティングとは?その流れや押さえたいポイントについても解説

 2021.01.14  LeadPlus

企業のWebマーケティングやアフィリエイトなどで、検索上位を目指すためには、SEOライティングが欠かせません。検索画面で上位表示ができれば、多くの利用者の目に触れることになり、アクセス数も飛躍的に増え、商品購入やサービス利用などの売上を伸ばすことも可能です。この記事では、SEOライティングの基礎知識や、キーワード選定の重要性、SEOライティングの技術を駆使して検索上位を目指すための基礎的な方法などについて解説します。

SEOライティングとは?その流れや押さえたいポイントについても解説

SEOライティングとは

SEOには、検索エンジン最適化という意味があることは知っている方も多いと思います。SEOライティングとは、「さまざまなSEO用の手法を取り入れた文章の書き方」を意味します。

つまり、日記や所感をつづる個人ブログとは違い、「検索したときに上位表示できるよう、意図的に書かれた文章を指す言葉です。検索結果で上位に並ぶサイトのほとんどは、こうしたSEOライティングによって作成されています。

検索してトップに表示されれば、それだけユーザーの目に触れる機会が多くなり、検索流入によるアクセス数も増加します。その結果、商品の購入やサービス利用などの集客効果につながるのです。

具体的なSEOの技術は多岐にわたりますが、対策をしたサイトとしていないものとでは順位やアクセス数に雲泥の差が出てきます。

SEOライティングの流れ

では、SEOライティングを始めるにあたり、どのような点を重視して進めればよいのでしょうか。以下では、一般的なライティングの大まかな流れについて説明します。

ユーザーの求めるものを考える

検索サービスの大手であるGoogleではSEOのガイドラインを公表することにより、多くのユーザーにとって利便性の高いサービスの提供を目指しています。つまり、Googleの評価は、ユーザーが知りたいことを的確に解決できるかどうかが問われていると思ってよいでしょう。

そのために重視されるのが、ユーザーがどのような検索意図を持っているかの推測です。「どんなユーザーが、どんな情報を求めているか」を想定し、疑問を解決できるコンテンツを作り上げることが重要です。

まずは、ユーザーが何に対して調べたいかのビッグワードと、関連したミドルワードやスモールワードなどを調査しましょう。それらの共起語を参考にすることで、ユーザーの知りたいことが推測ではなく、明確に見えてきます。

そこで初めて、具体的な解決策を絞り込んだ有用なコンテンツが作成できるのです。

ページの目的を明確化する

特定の語句で検索したユーザーに、最終的にどのような行動を取ってほしいのか、目的をあらかじめしっかり決めておきましょう。例えば、検索してサイトに訪れたユーザーに、さらにほかのページや資料を見てもらいたいのか、商品購入やサービスの申込みをしてほしいのか、アンケートに回答してもらいたいのか、などといったことです。

これらのゴールを設定することにより、内容の軸がブレずに首尾一貫したまとまりのある構成のコンテンツが作成できます。コンテンツの目的を考えず、ただ情報を詰め込んだコンテンツでは、ユーザーを本当に知りたい内容へたどり着かせることが難しく、利便性を著しく損ねてしまうでしょう。

また、目的を明確にしてユーザー行動のゴールに結びつけなければ、成果を上げることもできません。

コンテンツの構成を作る

目的を明確にしたら、次はコンテンツの構成を練る必要があります。記事には一般的なテンプレートとも言える構成の形があるのはご存じでしょうか。

これはいわゆる「まとめ記事」と呼ばれるタイプのコンテンツに多く利用される手法です。ハウツー、商品紹介、お役立ちコラムなどさまざまなタイプがありますが、コンテンツのアウトラインはほぼ共通しています。

調べた語句に対する情報を片端から書き出すのではなく、まずは、定番のひな形に沿った構成を考えましょう。Web上の文章は、最初から飛ばさずに読み進める小説とは異なります。
ユーザーは、自分の知りたい部分だけを拾い読みすることも多いです。

そのためには、どこにどのような内容が書かれているのか、目次や見出しなどで示すことが大切です。読みやすいボリュームに区切り、全体が自然な流れになるように各項目を決める必要があります。

また、現代はパソコンよりもスマートフォンで検索するユーザーが多いため、どちらでも読みやすいように、文字が連続することを避け、画像やイラストを挟む、見やすく改行を入れるなど、構成やレイアウトを工夫することもポイントになるでしょう。

文章を書く

キーワード、ゴール、構成、タイトルや見出しなどが決まったら、いよいよ文章の執筆にとりかかりましょう。文章は、起承転結や序破急といった、読み進めやすい文章構成を意識するようにし、長文記事の場合、結論を先延ばしにするのはあまりおすすめできません。これはユーザーが途中で離脱する原因にもなるため、ユーザーファーストの視点では、結論を先に述べたほうがよい場合もあります。

気をつけたいのは、想定読者を絞り込まない、一般的な世代に向けた内容の記事では、中学生が読んでも理解できるような文章にすることです。難しい専門用語を使わず、テンポよく読み進められるよう、一文が長くならないよう気をつけましょう。

文体や表記を統一する、1文には1メッセージだけにする、回りくどい表現を避ける、などのセオリーを守れば、ある程度読みやすい文章は作れます。また、指示代名詞を使うと、何を指しているのか戻って確認しなければならないため、「これに、それを、あれが」などの「こそあど言葉」はなるべく避けるようにしましょう。

SEOライティングで押さえたいポイント

記事の執筆にあたり、日本語として読みやすく、誤字や脱字がない文章を書くのは基本中の基本です。しかし、SEO対策となると、さらにプラスアルファの要素が関係しています。続いては、SEOライティングの際に重視したいポイントについて紹介します。

キーワードを踏まえる

構成の時点で、「キーワードに対して深く掘り下げて説明する記事」・「浅く広く説明する記事」・「ほかのものとの比較記事」などの執筆方針を明確に決めましょう。いずれにしても、ユーザーの検索意図に沿った内容であることが大前提です。

検索した語句を引き合いに出しておいて、ほかのテーマに移ってしまうような記事では、Googleに良質のコンテンツと認定してもらえません。上位表示を狙うには、検索する言葉とサイトの内容が乖離しないよう、キーワードとの関連性を高めることが重要なポイントです。

タイトルを工夫する

一つひとつの記事に付けるタイトルも、重要な評価対象になります。検索画面では、一番大きな文字でタイトルが表示されます。

ユーザーはそのタイトルを見て、どのWebページが自分に役立ちそうか瞬時に判断して、見るべきページかそうでないかを取捨選択しているのです。特に、検索語を複数入力せず、ビッグワードだけで検索するとさまざまな内容のWebページがヒットします。

そこで、キーワードの何について書かれている記事なのかを、最初のタイトルで明確に示す必要があるのです。タイトルを作るにもさまざまなSEOの手法があります。
「句読点などを含めず簡潔に・キーワードは前半に含める・32文字以内に収める」などの手法が一般的でしょう。古くは、煽り、疑問形、数字や記号を含めるとよいと言われたものですが、あまりに大げさなタイトルは敬遠されることもあるため気をつけましょう。

見出しを意識する

SEO対策として、見出しも重要なポイントになります。見出しをHTMLタグでマークアップすることにより、検索エンジンにインデックスしてもらえるのです。

キーワードと関連性の高いサイトと判断されれば、それだけ検索順位が上がる可能性が高まります。見出しを設けることにより、ユーザーが知りたい情報だけを抜粋して読むこともできます。

特に長文の構成の記事では、大見出し、中見出し、小見出しなどの階層を分けて、構成を組み立てることが重要です。見出しにもできるだけキーワードを含めることをおすすめします。

オリジナリティがあるものを考える

SEOの変遷を見ると、個人の主観を挟まない一般的で無難な文章が求められた時代もありました。その結果、同じような内容のWebページが量産され、上位表示されたページの文章はどこを見ても変化が感じられないものばかりでした。

そのような時代を経て、今はどうオリジナリティを出せるかが勝負の分かれ目となっています。とはいえ、個人ブログとは異なるため、筆者の主義主張を強く打ち出せばよいというものでもありません。

キーワードとの内容から逸脱することなく独自性を出し、どのようにブランディングできるかを主眼に置き、コンテンツ力を高める手法がポイントになります。競合サイトとの重複にならず、オリジナリティを出すにはどうすべきかを考えてみましょう。

専門性を出す

世の中にはさまざまな記事が溢れていますが、中には事実と異なるものや、事実を捻じ曲げたような記事も見られます。個人ブログならまだしも、企業の公式コンテンツとして情報発信するからには、記事の品質や信ぴょう性にはくれぐれも留意しなければなりません。

SEOライティングでも、専門性、権威性、信ぴょう性の高い記事は検索エンジンに評価されやすいポイントです。特に、医療や法律などの記事は、医師や法律家などの専門家のチェックが欠かせません。

資格と名前を出した実在の専門家が監修した記事は、それだけ評価も高くなります。

まとめ

現在検索画面で上位表示されているWebサイトは、ほとんどがSEOライティングの技術を使っている記事です。独自性があり、ユーザーにとって有用性の高いコンテンツであっても、SEOに特化したライティングができなければ、Googleなどの検索エンジンに正しく評価される可能性は低いと言えます。

Webマーケティングを成功に導くためには、今後はSEOライティングの技術を知ったうえで、コンテンツを作り上げることが必須でしょう。ただし、SEOの技術はまだまだこれだけではありません。ライティングだけでなく多角的な視点での対策が必要です。コンテンツの制作に力を入れるならば、自社の社員で運用するだけでなく、SEO対策に実績のあるWebマーケティングに特化した企業に外注することも検討するとよいでしょう。


RECENT POST「SEO」の最新記事


SEOライティングとは?その流れや押さえたいポイントについても解説

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事