Googleのキーワードプランナーとは?使い方や登録方法についても解説

 2021.04.06  LeadPlus

Googleが提供する「キーワードプランナー」を知っていますか。キーワードプランナーは、Googleで検索する際のキーワードに対して、さまざまな情報を取得できる便利なツールです。Webマーケティングに必要なデータが見られるキーワードプランナーを戦略的に活用すれば、上位表示などのSEO対策、広告のクリック率やサイトのアクセスアップも可能です。ここでは、キーワードプランナーの使い方や登録方法などについて解説します。

Googleのキーワードプランナーとは?使い方や登録方法についても解説

Googleのキーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、Googleが提供するツールのひとつです。キーワードプランナーを使えば、あるキーワードが一定期間にどれくらい検索されているのかを確認したり、キーワードに付随するさまざまなデータを調べたりできます。

Webマーケティングに特化したツールで、Google広告を掲載するときの指針にする他に、Webサイトを上位表示するためのSEO対策としても便利です。キーワードと関連するワードについて過去の検索動向なども見られるため、「ユーザーの関心がどう推移しているか」といったことに加え「季節による変動の傾向」などまで判断できます。戦略的なWebマーケティングを行なう上で欠かせないツールと言えるでしょう。

Googleのキーワードプランナーの利用目的

キーワードプランナーは、Googleに広告を載せる際のさまざまな情報を入手できる、Webマーケティング戦略の指標として活躍するツールです。ここでは実際にどのような目的で使われるのか、ケース別に説明します。

広告掲載のための参考情報を得る

キーワードプランナーは、もともとGoogle広告のために用意されたツールです。Googleの検索エンジンが持つ膨大なデータを集約して、さまざまな分析ができます。Google広告を掲載したい場合の入札ワードの選定や、入札単価などを調べることにも役立ちます。キーワードの月間検索数がどう推移しているかなどを確認し、安定して多くの人に検索されているワードなら、それだけ大勢の目に触れる可能性が高いと判断できるでしょう。ターゲット層に絞り込んだ効率的な宣伝が可能になれば、広告の利益率も上がります。

キーワードプランナーで表示される情報は多岐にわたり、クリック率や平均クリック単価、表示回数などの知りたいデータが網羅されています。また、ワードごとの検索ボリュームと予測のデータを確認できるため、広告を掲載した場合にどの程度の成果を得られるかをシミュレーションできます。実際のデータに基づいた検証のため、信頼のおける情報であり、広告掲載の判断基準として大いに参考になるでしょう。

コンテンツ制作・SEO用の調査をする

キーワードプランナーは、Google広告を掲載するためだけでなく、Webコンテンツ制作やSEO対策にも有効です。Webコンテンツとは企業のホームページに掲載している文章や画像などのことで、情報発信のためのオウンドメディアを指すこともあります。いずれにしてもWebマーケティングが目的であり、自社が販売する商品やサービスのプロモーション、ブランディングなどを兼ねています。

多くの場合、オウンドメディアは販売したい商品やサービスに関するコラムやブログ、豆知識や社員紹介の記事などで構成されています。それらの記事を作成しても、多くの人目に触れなければ意味がありません。そのためには、キーワードをGoogleで検索したときに、上位表示されなければサイトへ遷移してもらうことは難しいでしょう。そのための戦略がSEO対策であり、具体的には対策ワードの選定が重要になります。

キーワードプランナーを活用すれば、ユーザーが何を知りたいか、ユーザーが求めている情報は何かが明らかになります。メインキーワードのほかに、どのようなワードを追加しているのかをチェックしたり、その検索ボリュームまでも確認したりできます。そして、コンテンツを作成する際に、キーワードプランナーから得たユーザーの需要に合う情報を盛り込むことで、検索上位を狙うこともできるのです。

Googleのキーワードプランナーの使い方

ここからは、キーワードプランナーの活用方法や機能の利用事例などについて説明します。なお、キーワードプランナーは、必要に応じてリニューアルされるため、その都度新しいバージョンの使い方をGoogleの公式サイトで確認しましょう。

キーワード候補の取得

キーワードプランナーでは「キーワードの作成」と「データの確認」という2種類の機能が使えます。まず、キーワードを作成するには、どうすればよいか確認していきましょう。

サイトを開くと、最初にふたつの選択肢が表れます。左の「新しいキーワードを見つける」をクリックしましょう。「キーワードから開始」を選び、入力欄に調べたいワードを入力します。商品やサービスに関連したワード、もしくはGoogle検索で上位表示を狙いたいワードを入れましょう。ワードが複数ある場合は、カンマとスペースで区切ってください。

「キーワードから開始」ではなく「ウェブサイトから開始」を選ぶと、特定サイトのURLからコンテンツに関連付けられたキーワード候補が取得できます。「結果を表示」をクリックすると、関連する新しいワードの候補がリスト形式で表示され、関連性の高い順に、検索ボリュームの概算や競合性、入札単価などがわかります。どのようなワードが重要かを知ることにより、記事の構成や記事に盛り込むべき内容が見えてくるでしょう。アクセスが集まり、ユーザーにとって有益なサイトであるとGoogleに認定されれば、検索順位の上位表示にもつながります。

なお、結果のリストは、エクセルや表計算ソフトで読み込めるCSV形式でまとめてダウンロード可能です。表計算ソフトに取り込み、並べ替えたり色分けしたりして加工することで視認性もよくなります。

キーワードごとのデータ調査

もうひとつの機能である「データの確認」を行う場合は、最初の画面で右側に表示される「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックしてください。これは、ワードに関する詳細データを調べたいときに便利な機能です。

入力画面に、知りたいワードや「キーワードの作成」で取得した候補の中から調べたいワードを入れましょう。複数のワードを入力して1行ずつ改行するか、ワードをカンマで区切っておけば、まとめて調べられます。

「開始する」をクリックすると、広告を掲載した場合の費用や上限クリック単価、クリック数、表示回数、クリック率、平均クリック単価などの予測データが表示されます。また、別タブにある「過去の指標」では、ある一定期間における情報の推移や傾向などを知ることが可能です。これにより季節性商品やサービスの市場ニーズを的確に把握できるため、ベストタイミングでのアプローチにつながるでしょう。

Googleのキーワードプランナーの登録方法

ここからは、Google広告に登録して実際にキーワードプランナーを利用する手順について説明します。なお、バージョンアップなどで手順が変さらになる可能性があるため、最新情報や個別の詳細についてはGoogleの公式情報を参照してください。
https://support.google.com/google-ads/answer/7337243?hl=ja
https://support.google.com/google-ads/answer/6366720?hl=ja

Googleアカウントを取得する

まず、Googleアカウントを持っていない場合は、ログインするためにアカウントが必要になるため、先に取得してください。Googleアカウントがあれば、Gmailやスプレッドシート、カレンダーなどの便利なツールがたくさん利用できます。ただし、キーワードプランナーを使うには、Googleアカウントを取得したうえで、Google広告のアカウントも開設が必要です。ここでは、まず最初にやらなければならないGoogleアカウントの登録方法について説明します。

Googleのホーム画面の右上にある「ログイン」をクリックします。ログイン画面で左下の「アカウントを作成」をクリックしましょう。「自分用」か「ビジネスの管理用」いずれかを選択し、姓名やユーザー名などを画面の指示に従って順番に入力してください。連絡の取れる既存のメールアドレスを入力すると、すぐに確認用のコードが送信されるので、それを入力して「確認」をクリックすれば完了です。

Google広告を開始する

Googleアカウントを取得したら、Google広告のサイトを開き、右上の「ログイン」をクリックします。「新しいGoogle広告アカウント」を選び、画面の指示通りに広告の目標やビジネスの名前、サイトURLなどを入力しましょう。未入力でも次に進められる場合は、飛ばして構いません。「広告を作成する」という画面は、未入力では次に進めませんので、広告の見出しや説明文などの必要項目を記入します。「広告の予算を設定する」の画面では、念のため最低額を選んでおくとよいでしょう。最後の「お支払い情報の確認」という画面では、クレジットカード情報や名前、住所、連絡先の入力が必要です。必須項目をすべて埋め、規約に同意すると設定が完了です。

その後の「キャンペーンを確認」では、先ほどの「広告を作成する」で作った広告を停止できます。キャンペーン枠内の左下が「保留中」または「有効」になっている場合は、「キャンペーンを一時停止する」に変更しましょう。

キーワードプランナーにアクセスする

キーワードプランナーを使うには、デフォルト設定である簡易版の「スマートモード」から「エキスパートモード」に変更する必要があります。まずは、Google広告の画面右上にあるツールアイコンから「設定」を開きましょう。そして最下段の「エキスパートモードに切り替える」をクリックしましょう。エキスパートモードの画面に切り替わったら、右上にある「ツールと設定」へと進んでください。「プランニング」欄から「キーワードプランナー」をクリックすると、各種機能が利用できるようになります。

まとめ

キーワードプランナーでは、キーワードの検索ボリュームを把握できるだけでなく、キーワードと一緒にユーザーがどのようなワードを付け足して検索しているかがわかります。そのワードを知ることで、ユーザーが本当に知りたいことを理解できるでしょう。

キーワードプランナーを参考にユーザーの需要に沿ったコンテンツを制作すれば、商品の購入やサービスの利用につながります。ユーザーにとって有益な情報を提供できれば、顧客ロイヤリティのアップも期待できるでしょう。

CTA

RECENT POST「Googleアナリティクス 他」の最新記事


Googleアナリティクス 他

Googleアナリティクスの使い方とは?登録方法やデータの見方も解説

Googleアナリティクス 他

Googleサジェストとは?取得方法やツールを紹介

Googleアナリティクス 他

Googleオプティマイズの導入方法や使い方を解説

Googleアナリティクス 他

サイトのGoogle登録のやり方を解説

Googleのキーワードプランナーとは?使い方や登録方法についても解説

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事